システム連携・システム構成

APIでの通信方法として何を使用しますか?
APIの通信はHTTPSを採用し、2つの方式から利用できます。

  • ・XML形式
    XMLで記述された指示内容をPOSTすることで、Cuenote FC(キューノート FC)が解析し、 処理結果をXMLで返す仕組みです。

  • ・RESTful形式
    RESTの原則に沿った形で設計されたAPIです。RESTful形式が利用可能な環境では、原則、RESTful APIをご利用ください。

APIリファレンスもご用意しています。詳細は当社までお問い合わせください。

ページの先頭へ