効果を上げるメルマガのポイントは読みやすさと関連性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガの効果を高めるため、改善を行うべきポイントはいくつもあります。
しかし、どこから改善すればよいか迷われている方も多いのではないのでしょうか?

今回は、効果を上げるための改善ポイントを分かりやすく説明していきます。

件名は、できるだけ短く20文字程度までとする
メルマガの受信者は、日々何通ものメルマガを受信しています。その中からあなたのメルマガを見ていただくためには、受信トレイで一覧表示される件名で興味を引き付け、開封してもらう必要があります。件名はメールが開封されるかどうかの重要なポイントであり、全角約20文字程度が適切です。

titlelenghs.gif

さらに、件名から受信者の興味を引き付けるためには、メルマガの内容が一目でわかるよう、下記のような工夫をしましょう。

titlecontents.gif

件名は、誰でも簡単に変更できるため、改善をしやすいのも大きなポイントです。

ファーストビューは、訴求ポイントをシンプルに伝える
メルマガを開封してもらったら、次は文書のファーストビューが重要なポイントとなります。
受信者は、メルマガを開封したのち、メルマガのファーストビュー(スクロールしないで、目に入る部分)で、さらにメルマガを読み進めるかどうかを決めるからです。
ファーストビューでは、メルマガで訴求したいポイントをできるだけ文字量を少なく、シンプルに伝えましょう。

firstview.gif

開封してもらえるタイミングに送る
メルマガを適切な時間に送らなければ、せっかくの効果が半減してしまいます。
あなたがメルマガを送る対象者は、どのような業種、性別、年齢の人が含まれていますでしょうか?
ビジネスマンが対象であれば、勤務時間外の昼や帰宅時が良いでしょうし、学生であれば、学校が終わったタイミングが適しているでしょう。
そのため、受信者がもっともメルマガを開封してもらえるであろうタイミングを狙って送ることが重要なのです。

whenhowmany.gif

メルマガの内容によっては、セグメント(絞り込み)する
保険に関する商品を学生に案内しても、コンバージョンにはつながらないと考えられる方がほとんどではないのでしょうか?
つまり、メルマガで訴求する内容によっては、受信者の属性や趣味嗜好などに応じて、配信先を絞り込む必要があるのです。

segmentation.gif

効果を上げるためのポイントをいくつか紹介してきましたが、メルマガの効果を高めるためには、改善のためのPDCAサイクルを継続し続けることが重要です。

PLAN
事前準備にあたっては、オプトインやオプトアウトなど、広告メール配信や個人情報収集に関連する法律に留意してください。メルマガを配信する計画を立てましょう。

DO
配信にあたっては、件名や配信するタイミング(時間)を考慮しましょう。

CHECK
メルマガの効果を測定しましょう。

ACT
効果測定データをもとに改善ポイントを定め、効果を上げるために改善案を実施しましょう。

最後にはなりますが、複数の改善ポイントを同時に実施した場合、どの改善ポイントが影響を与えたのかを把握しづらくなってしまいます。そのため、必ず1箇所のポイントに絞って、改善・効果検証を行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ