携帯メール配信後、全クリックの20%が10分以内に集中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールの開封率は配信先(ターゲティング)やメールの内容、配信時間等によっても影響しますが、携帯電話は常に身近にあるデバイスであるため、PCと比較して早くにレスポンスが得られやすいという特徴があります。

最近は、若者向けに携帯ECサイトも増えており、販促メールが売り上げの鍵を握るといわれています。

メールの配信時間は、お昼休みの時間や帰宅時間を狙うなど、メール受信者に読まれやすいタイミングを工夫したり、件名に「本日最終日」などのアクションを喚起するキャッチコピーを追加したりすることで、開封率が変わってきます。

携帯メール配信後、全クリックの20%が10分以内に集中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の運営企業

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社は、10年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

ユミルリンクでは、メール配信システム、SMS配信サービス、SMTPリレーサービス、WEBアンケートシステムを提供しております。
ご興味を持っていただけましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ページの先頭へ