機能・性能について

届かないメールアドレスをクリーニングできますか?

はい、できます。


お客様システムで、バウンスメールを受信し、エラーアドレスをクリーニングする機能がある場合は、Cuenote SR-S(キューノート SR-S)上で発生したエラーをお客様システムにバウンスメールで通知することにより、お客様システムにてクリーニングをすることが可能です。

お客様システムにそのようなクリーニングの機能がない場合は、Cuenote SR-Sのエラーアドレス管理機能が利用できます。


エラーアドレス管理機能を利用すると、相手サーバに送信するときに発生したSMTPエラーや、相手サーバから戻ってきたバウンスメールを解析し、エラー情報を蓄積することができます。
エラー回数が一定回数以上になった場合に、リレー時にエラーアドレスを自動的に除外(当該アドレスへの配送を中断)することが可能です。


このエラー履歴情報は管理画面から検索することができます。
また、エラー回数をリセットして、再度配送するようにすることも可能です。
エラーアドレス管理機能を利用することにより、お客様システムに一切の変更をすることなく、エラーアドレスのクリーニング機能を追加することができます。


※エラーアドレス管理機能はオプション機能です。

ページの先頭へ