機能・性能について

バウンスメールの解析はできますか?

はい。バウンスメールの解析に対応しています。

エラーアドレス管理機能を利用した場合、バウンスメールは Cuenote SR-S(キューノート SR-S)が受信し解析します。さまざまなメールサーバーのバウンスメールを解析できるように、多数の解析パターンを用いて解析しています。

メールアドレスが間違っているのか、メールボックスの容量が制限を超えてしまって受け取れなかったのか、あるいは、エラーではない返信なのか等を詳しく解析し、エラーアドレス管理に反映します。

ページの先頭へ