機能・性能について

エラーアドレス管理を使うと何ができるのですか?

エラーとなったメールアドレスに対して、それ以降の送信を行わないようにすることができます。
携帯キャリアのメールサーバーは、エラーアドレスの含有率が高くなると、メールの受信を拒否するような動作をします。このような事態を回避するためには、エラーとなるアドレスに対する送信を行わないようにする必要があります。

お客様システムでエラーアドレスの除外処理を行うのが難しい場合は、Cuenote SR-S(キューノート SR-S)のエラーアドレス管理機能が利用できます。
エラーアドレス管理機能を有効にすると、メールアドレス毎にエラーの発生回数をカウントし、一定回数以上エラーが発生したアドレスには、以降の送信を行わないようにでき、これにより、メールの受信を拒否されるリスクを回避できます。

メールアドレスの過去のエラー発生状況や、エラー発生回数は、Cuenote SR-S(キューノート SR-S)の管理画面や、APIを利用して取得することができます。
また、エラー回数をリセットして再度送信するように指定することも可能です。

ページの先頭へ