Cuenote SR-Sのご利用について

メールリレー(リレーサーバー)とは何ですか?

Cuenote SR-Sのご利用について

既存のシステムをそのまま使い、メールサーバーからSMTPリレーするだけで、メールを高速・確実に送信できるようになります。
また、APIを使えば、メールサーバーを用意しなくても、メールリレーサーバーからメールを送っていただくこともできます。




■メールリレーサーバー Cuenote SR-Sのメリット

メールリレーサーバーCuenote SR-Sを活用することで高速・確実な送信をはじめ、エラーアドレスの管理やなりすまし対策、APIによる文書生成~配信、配信ログ管理等が可能です。

リレーサーバーを活用することで、下記のような課題を解決することが可能です。


・大量メール送信に時間がかかる
・メールが届かない問題が生じている
・メールが届かない原因が分からない
・携帯キャリアのドメイン向けに大量メールを送りたい
・会員登録・商品購入後にトランザクション(通知メール)を自動送信したい
・全キャリア向に対応した携帯向け絵文字・デコ®メールを送りたい
・深夜にメールが送られることがありクレームが来ている



・メリット1.リレーして高速・確実にメールを届ける

既存のメール配信エンジン(MTA)・システムをそのまま使い、設定を変更するだけでメールサーバーからSMTPリレー通じて、メールを高速・確実に配信できるようになります。

時間帯制御も可能で、夜間受信の問題を防止することが可能です。



・メリット2.エラーアドレスの管理(配信の自動停止)

リレーサーバーが配信状況を解析してエラーアドレスの可能性が高いアドレスにはメールリレー時に配信を自動停止することができます。


※エラーアドレスへの配信停止を行わずに送信し続けてしまうと、エラーアドレスの含有率が増加し、受信サーバー側からスパムメールの送信元としてブロックをされるリスクがあります。結果的にメールが届かない問題を起こすこと要因になります。

※リレーサーバーはエラー情報をお客様システムにバウンスメールで通知し、お客様システム内で自動クリーニングが可能。また、エラーアドレスの管理機能により、エラー情報の確認・蓄積が可能です。



・メリット3.なりすまし対策

メールを確実に届けるためのなりすまし対策ができます。メールリレー時にDKIM(送信ドメイン認証)の電子署名を付与することや、TLS暗号化のメール配信が可能です。

※STARTTLSにも対応



・メリット4.APIを利用して文書生成~配信まで可能

メールサーバーがない・配信エンジン(MTA)を持っていない場合、APIにより文書生成~配信まで可能です。更に、APIによりエラーアドレスの出力や配信ログ出力といったことも可能です。




ユミルリンクのメールリレーサーバーCuenote SR-Sは、配信エンジン(MTA)を独自開発し、ドメインごとに通信制御(送信IP・受信MTA数に応じたセッション制御など)をしています。

さらに、定期的に配信状況を調査し、各ISPや各キャリアの受信MTAの特徴にあわせチューンナップしています。
クラウドサービスのためインターネット環境さえあれば導入が容易に行うことができます。


Cuenoteシリーズは大手企業様や金融機関様も安心・安全にご利用頂ける配信性能・高セキュリティを搭載。緊急時に備えて専任のスタッフによる電話サポートにも対応しています。


ページの先頭へ