安否確認サービスCuenote®

地震などの自然災害発生時をはじめとした
緊急時のスタッフ招集、安否確認を
「迅速・確実・簡単」に行えます。

詳細・お申し込みはこちら

Cuenote

  1. トップページ(安否確認サービス)

Cuenote安否確認サービスは、地震・自然災害発生時や、気象情報(警報など)の発表に応じて自動で通知を行い、従業員やスタッフの安否確認・緊急参集が行えるサービスです。
スマートフォン、PC、携帯電話から安否確認が素早く行え、有事の際の迅速な初動対応から事業継続(BCP)対策の一環として、人員の安全確保、対策指示、参集をサポートします。
月額3,500円からご利用いただけ、無料トライアルの提供も行っております。

Cuenoteシリーズ 契約数1,600以上の実績

  • 導入企業ロゴ3
  • 導入企業ロゴ1
  • 導入企業ロゴ2

「万が一」の緊急時に
従業員の安全確保・安否確認は、最重要課題です

「万が一」はいつ来るかわからない「万全」の体制を今から備える

地震や津波、豪雨など自然災害による脅威に加え、世界的な軍事的脅威など、私たちの生活・生命に対するリスク要因が増大する中で、有事の際の危機管理体制の構築は各企業・団体にとっても喫緊の課題となっています。

「災害発生などで一斉に参集をかける際に 迅速・確実に連絡を行いたい」
「緊急時に、従業員の安否を即座に確認したい」

こうした「万が一」の際の初動対応から体制の確保、さらには事業継続(BCP)に至るまでの、企業・団体様の「万全」の対応をサポートするためのサービスが、Cuenote 安否確認サービスです。

安否確認サービスとは?

  • 災害発生
  • 安否確認
  • 状況確認
  • 対策指示

Cuenote 安否確認サービスの特長

  • 災害発生時は自動送信

    災害発生時は自動送信

    気象データをもとに災害発生時は、安否確認・緊急参集メールを自動的に配信します。
    自動配信する地震の震度、災害の種類は、任意で選ぶこともできます。

  • リアルタイムに状況確認

    リアルタイムに状況確認

    災害発生後、従業員の回答状況や安否状況をリアルタイムに確認できます。
    回答状況や回答率も確認できるため、対策指示等もスムーズに行えます。

  • 月間40億通の実績で確実に届く

    月間40億通の実績で確実に届く

    当社では、15年以上に渡りメール配信システムを提供し続けており、独自のテクノロジー、ノウハウで、災害時においても確実・高速にメールを届けます。

特長を見る



活用方法

Cuenote 安否確認サービスは、緊急時でも素早く通知作成が出来る高い操作性と高速、確実な配信性能で、いち早く所属員の安否確認・緊急参集が行え、災害・緊急時対応をサポートします。



  • 安否確認

    安否確認

    災害発生等緊急時に人員の無事・安全を素早く確認できます。

  • 災害時の緊急参集

    災害時の緊急参集

    救援活動が必要な際に、近隣団体や部署を指定しての召集が可能です。

  • 障害時対応要請

    障害時対応要請

    障害発生時に緊急対応可能な所属員の募集、受諾確認が行えます。

  • 欠員補充の対応

    欠員補充の対応

    傷病、交通支障など欠員発生時の要員募集、受諾確認が行えます。

  • メールアドレス存在確認

    メールアドレス存在確認

    連絡先の有効性を確認でき、更新も簡単に行えます。

  • 防災訓練

    防災訓練

    テスト配信で、災害発生時の受信イメージなどを確認できます。

  • 出欠確認・調査

    出欠確認・調査

    イベントや集会の出欠確認も行え、回答状況は管理画面で確認可能です。



活用方法を見る



料金プラン

Cuenote 安否確認サービスは、月額3,500円からご利用いただける定額制システムです。
配信数は無制限ですので、緊急時はもちろん、通常時にもメンバーへのアンケートや一斉連絡等にご利用いただけます。

ユーザー数上限 月額費用
50ユーザー 3,500円
100ユーザー 7,000円
200ユーザー 10,500円
300ユーザー 14,000円
500ユーザー 17,500円
1000ユーザー 21,000円

料金プランを見る



利用開始までの流れ

STEP1 無料トライアル 無料で全ての機能をお試しいただけます。STEP2 お申し込み お申し込みは、Webフォームおよびお電話にて承ります。STEP3 利用開始 ID/パスワードの発行完了から、直ぐにご利用開始頂けます。



運用にあたっての準備

  • ①配信先リストの作成
  • ②リストのアップロードと登録メールの送信
  • ③未登録者へのリマインド
  • ④自動配信条件の設定

の手順にて、受信者に通知が届く準備を行います。

運用にあたっての準備の詳細を見る



万全のセキュリティ

  • 国内データセンターを採用

    国内データセンターを採用

    震度6以上の地震に耐えうる耐震構造を備えた国内データセンターを採用。万一の災害時にもサービス稼働を止めないよう、無停電電源装置、バックアップ回線も確保しています。

  • 脆弱性診断・不正アクセス対策

    脆弱性診断・不正アクセス対策

    クラウドサービスの脆弱性は第三者ツールを使って定期的に診断。さらに、不正アクセスを検知・遮断(IPS)、DDoS対策済で安心してご利用いただけます。

ページの先頭へ