SMSの活用シーンは多岐に渡ります

  1. アプリやWebサービスの本人認証にSMSを活用

    スマートフォンアプリ・Webサービス利用登録時の本人認証に。

    金融機関のWeb・アプリサービスやウォレット・送金機能を備えたアプリ、またアプリ内課金を行うゲームサービス等における、迅速かつ確実なSMS本人認証にご利用できます。
    メールアドレスのように複雑な文字列をユーザーに入力させる手間も省け、入力ミスも低減。

  2. 双方向SMSで、One to Oneの顧客対応

    双方向SMSで、One to Oneの顧客対応

    企業からの一方的な通知だけでなく、ユーザー単位での双方向のやり取りが可能です。問合せ対応はもちろん、リマインド、各種日程調整、「個客」プロモーション等に活用でき、送受信の履歴はワークエリア内で共有できるため、複数オペレーターが携わる運用でもスムーズにコンタクトできます。 (※)オプション機能での提供となります。

  3. 入金・決済・手続き期限の重要なリマインド

    入金・決済・手続き期限のリマインドに。

    Web上で購入した物品やサービスの入金や利用料引き落とし、また手続きの期限等のリマインドにSMSを活用。確実に届くので見落としも防げ、「うっかり!」によるロスも防げます。

  4. 必ず確認してほしい予約・手配内容の通知

    予約・手配内容の確認に。

    飲食店や美容室等、事前予約を受け付ける事業者様や各種手配サービスなどの予約内容通知に。
    内容確認に加え、スケジュールの勘違い等による直前キャンセルの防止にも役立ちます。
    変更時の連絡先も併記すればスムーズな手続きを誘導できます。

  5. 携帯番号しか知らない従業員への業務・緊急連絡ツールとして活用

    業務内容・派遣先の通知、緊急連絡に。

    現場作業員の方や、派遣労働登録者向けの通知にも、確実に届くSMSが有効です。
    中止連絡など急を要する通知でも、いち早く届き着眼されます。

  6. コールセンターなど、利用後のアンケート収集

    ご利用後の感想・意見・アンケートに。

    お客様からの声をWebで集めて、顧客満足度の向上に繋げる施策もSMSなら確実に届いて回答率アップが期待できます(Webアンケートの実施は、アンケートシステム「Cuenote Survey」のご利用が便利です)。

ページの先頭へ