簡単・短期間で導入できる
セキュアな認証サービス

認証プロセスをワンストップで実現

確認コード作成、SMS・IVRによる通知、認証処理

ご相談・ご質問等にも丁寧に対応いたします 資料請求・お問合せ
認証サービスを無料でお試し 無料デモ体験

Cuenoteシリーズ 契約数2,000以上の実績

  • 導入企業ロゴ3
  • 導入企業ロゴ1
  • 導入企業ロゴ2
  1. Cuenote
  2. 認証サービス

認証サービスCuenote Auth(キューノート オース)は、SMS(ショートメッセージ)・IVR(音声自動応答)を利用したセキュアな認証を、API連携で簡単に実装できるサービスです。国内キャリア直収の高品質なSMS送信により、サービス登録・ログイン等の際の二要素認証をサポートします。

Cuenote AuthにAPIリクエストを行うのみで
認証プロセスをワンストップで実施


お客様システムから APIで Cuenote Auth~認証プロセスをワンストップで実現~確認コード作成、SMS・IVRによる確認コードの通知、認証処理

Cuenote AuthのAPIにリクエストするだけで、「確認コードの生成」、「SMS・IVRによる確認コードの通知」、「認証画面の表示および認証処理」、「認証結果の取得」など、一連のプロセスを実行させることができます。




IVR認証に対応し
SMSを受信できないユーザーの認証もサポート


Cuenote AuthはSMS送信不可の番号にはIVRによる自動通知が可能。IVRはオプションでの提供になります。

IVR連携機能(オプション)をご利用頂くことで、SMSの受信をサポートしない電話番号(固定電話回線)へ音声発信により確認コードを通知することが出来ます。認証に利用する電話番号をCuenote Auth側で判定し、IVRによる音声通知に自動で切り替わるため、幅広いユーザー・端末における認証をサポートします。




開発が容易なRESTful APIを採用

REST API

Cuenote AuthはREST(RESTful)APIを採用し、
開発・実装を容易に行えることから認証を簡単に導入可能です。




認証済みの端末を一定期間
「再認証不要」とでき、認証コストを抑えられます


認証済みの端末は指定した期間内は再度の認証を不要とできる

Cuenote Authで認証を行った電話番号は、最後に認証を行ってから一定期間は再度の認証手続き(確認コードの発行~ユーザーでの番号入力)を不要とすることが出来ます。

再認証不要の期間中は確認コードの通知に利用するSMSやIVRの送信が発生しないため、ユーザービリティを低下させることなくコストを抑えることが出来ます。

Cuenote Authのご利用料金

  料金
初期費用 0円
月額料金 認証数に応じた料金となります。
詳しくは、お問い合わせください。
ご相談・ご質問等にも丁寧に対応いたします 資料請求・お問い合わせ

認証サービス 万全のセキュリティ

Cuenote AuthはSSL暗号化通信に対応。また、定期的にアプリケーションの脆弱性検査の実施や、IPS(不正侵入防止システム)を採用し、外部からの不正侵入や攻撃を検知、遮断しているため安心してご利用頂けます。また、日々バックアップを取得しているので、万が一の場合に備えデータを保護しています。

  • SSL暗号化

    SSL暗号化

    認証サービス管理画面へのアクセスをSSL暗号化通信で行います。

  • 脆弱性診断

    脆弱性診断

    クラウドサービスの脆弱性は第三者ツールを使って定期的に診断。

  • 不正アクセス対策

    不正アクセス対策

    不正アクセスを即検知してブロック(IPS)する為、安心してご利用いただけます。

  • 国内データセンターを採用

    国内データセンターを採用

    震度6以上の地震に耐えうる耐震構造を備えた国内データセンターを採用。万一の災害時に備え、冗長化した無停電電源装置を完備しています。

  • データ暗号化

    IPアドレス制限

    認証サービスの各種データを暗号化して保存・管理し不正に第三者に見られないようにしています。

  • データバックアップ

    データバックアップ

    運用サーバーのバックップを取っているため、万一の障害時でも継続的にサービスをご利用いただけます。

Cuenote導入をご検討の方は
お気軽にお問い合わせください

ユミルリンク株式会社
  • 東京 03-6820-0515
  • 大阪 06-6131-9960
受付時間 平日 10:00〜18:00

Cuenoteシリーズの導入実績

メールマーケティングにてCuenoteシリーズをご利用されているお客様は、業界・企業規模によらず多くの企業にご採用いただいており、契約数は2,000を超えます。導入されているお客様の事例をご紹介します。


導入事例を見る





認証サービス よくある質問ランキング

認証サービスの導入をご検討頂くにあたり、お客様からのお問い合わせが多い質問をご紹介します。



1認証に使うことのできる手段は何ですか?

SMS(ショートメッセージ)とIVR(音声自動応答)になります。
※IVRはオプションとなります。


2認証に利用する確認コードはどのような形式ですか?

4桁~8桁の数字で、桁数は任意に設定できます。


3認証画面の有効期限を設定できますか?

コード発行後、入力までの時間を制限することが出来ます。


4パスワードアタック対策として、間違えた際の再入力を制限できますか?

0回(再入力回数を制限しない)~10回の間で制限可能です。


5認証が失敗した場合でも、料金は発生しますか?

Cuenote Authは認証が「成功した分のみ」料金カウントの対象となります。
※料金の詳細について、詳しくはお問い合わせください。



認証サービスのよくある質問を見る

ページの先頭へ