メール配信システムのセキュリティは万全

セキュリティに万全を期すことは、お客様の情報を取り扱うクラウド(ASP・SaaS)サービスを提供する上で欠かせない取り組みの一つです。Cuenote FCは、メール配信システムのセキュリティを向上させるため、常に最適な技術を導入しています。


  • メールセキュリティ

    管理画面は全てSSL暗号化

    お客様が操作する管理画面は全て、SSL(Secure Socket Layer)により暗号化された通信を利用します。メールアドレスなど、日々、重要な個人情報を取り扱うメール配信システムが常時暗号化されているため、安心してメールやメルマガを運用できます。

  • メールセキュリティ

    ワンタイムパスワード導入で高水準のセキュリティ対策

    金融機関で採用されているワンタイムパスワードを発行するための携帯デバイス、セキュリティ・トークンを採用しています。画面への二要素認証を導入することで、万が一、IDとパスワードが漏えいしてしまっても、第三者によるメール配信システムの不正利用を防止できます。

  • メールセキュリティ

    個人情報へのアクセスを最小限に制限

    メールやメルマガの運用にかかわる全オペレーターの役割に応じて、操作権限を柔軟に設定できます。メールアドレスなど、個人情報を閲覧できるオペレーターを最小限に限定し、個人情報漏えいのリスクを抑制できます。また、配信ミス・誤送信を防止するために、承認権限を持つ管理者による承認がされるまでメールやメルマガの配信が開始されないように設定することもできます。オペレーターのログイン履歴・操作ログを確認できるため、万が一、何か起こった際の原因究明にも役立ちます。

  • メールセキュリティ

    ID + パスワードに加えてIP制限も可能

    ワークエリア毎に管理画面へのアクセスを許可するIPアドレスを制限できます。これにより、メール配信システムの利用を許可する環境を限定し、不要な環境からのアクセスを防止します。例えば、運用業務の委託している企業や社内のみからのアクセスを可能とし、その他の環境からメール配信システムへのアクセスを拒否できます。

    • メールセキュリティ

      パスワードを守るための認証機能

      第三者による不正アクセスやリストアタックを防止するため、フォーム(マイページ)のログイン認証画面には、連続してログインに失敗した際にロックを掛ける機能を設けています。

    • メールセキュリティ

      送信ドメイン認証技術「DKIM」や「S/MIME」のメール配信も対応

      なりすましメール対策として、電子署名により送信元の正当性を証明する「DKIM」や電子署名「S/MIME」付きのメール配信に対応しています。送信者が偽装されていないことを証明することでメールの信頼性を高め、同時にメール受信者を悩ます迷惑メール処理の簡易化やフィッシング詐欺の被害低減に役立ちます。

ページの先頭へ