認証サービスの活用シーン

携帯電話に紐づく連絡先を活用した二要素認証で、様々なシーンに活用できます。
  1. 複数アカウントの作成を防ぎ、不正・転売対策

    複数アカウントの作成を防ぎ、不正・転売対策

    限定商品や各種チケットなどの購入に用いられるアカウントなどにおいて認証プロセスを強化し、不正・転売などを目的とし1人で複数のアカウントを作成したり、botによる自動生成を防ぐことで対策を行えます。

  2. ログイン・操作時のセキュリティを高め、不正アクセスを未然に防止

    ログイン・操作時のセキュリティを高め、不正アクセスを未然に防止

    万が一、IDやパスワードを第三者によって使われてしまっても、登録しているユーザー本人の携帯電話に直接届くチャネルでの認証を追加することで、不正利用を未然に防げます。

  3. IVR連携により、固定電話などでの音声通知で認証可能

    IVR連携により、固定電話などでの音声通知で認証可能

    IVR(オプション機能)連携により、テキストメッセージの受信が出来ないユーザーでも本人認証を行うことが可能です。

ページの先頭へ