メール配信システムを導入するメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

enquate-of-things.gif


販売促進やリードナーチャリングなど、メール配信システムを導入しているケースは非常に多いかと思います。
一方、例えば比較的小規模のECサイトを運用している企業で、「ECシステム付属のメール配信機能で十分」「メール以外の媒体も考慮した上で、有料のメール配信システムを利用する必要があるのか疑問」といった理由で、今のところ導入していないケースもあるかもしれません。

今回は専用のメール配信システムを導入するメリットについてご紹介します。




今の時代にメール配信が必要?

販売促進やマーケティングの手段として、いつもその議論に上げられるメール。
「LINEやFacebookなど主要なSNSだけやっていればよいのでは?」という話題はいつもされています。
そもそも、メール配信には本当に力を入れるべきなのでしょうか。


(1)メールのアカウント数は2020年には30億人に

世界的にもメールの利用者数やアカウント数は、増え続けているそうです。
Radicati Groupの調査(2016年)によると、「メールの利用者は、2016年に27億人であるのに対し、2020年には30億人を突破する」との予測もあるほどです。
ユーザー数のカウント方法が異なるため、単純比較はできませんが、Facebookのユーザー数が約17億人(2016年時点)、LINEのユーザー数が2.2億人(2015年時点)と比較しても、圧倒的に利用者数が多いため、メールでリーチできるユーザー数は、最も多いとも考えられます。


(2)投資対効果(ROI)が高い

メールマーケティングの投資対効果(ROI)は、「1ドルの投資で、38ドルを生み出す」という調査結果を出す団体もあるほど、投資対効果が高いツールです。
さらに、「米国において、Eメールマーケティングテクノロジーは、BtoB企業とBtoC企業の82%に利用されている。」(Ascend2)という調査結果のデータもあるほど、BtoB、BtoCに関わらず、ほとんどの企業で利用されています。




メール配信する際の課題

顧客へのメール配信は、メール配信システムを使うのが効果的です。
このメール配信システムでは何ができるのでしょうか。
提供しているメール配信サービスによって機能差異はありますが、概ね以下に分けることができるでしょう。


(1)手間がかかる

「メール配信をやろう!」と思っても、

 ・送信するためのツールを用意する
 ・配信する目的を定める
 ・配信リストを用意する
 ・メール文書(コンテンツ)を作成する
 ・メールの不達リストを管理する

など、意外と手間がかかるものです。
しかも、メール配信するためのツールを準備する手間を省こうとして「メーラーを使って、BCCで送信できればよいよね」などとは考えてないでください。
「BCCに入れたつもりがCCに入れて送信してしまい個人情報漏洩に!」という事態にもなりセキュリティ的にもよくありません。

月額数千円の低コストで使えるメール配信ツールもたくさんありますので、リスクとコストバランスを考えましょう。


(2)配信速度が遅い

数百件程度のメールを配信するのであれば、あまり時間がかかるようなことはないでしょう。
しかし、数千・数万件の配信リストにメールを送信しようとした途端、「1日で送り切れない・・」、「もっと早く最新情報を届けたいのに・・」などの課題が出てきます。
これはメール配信の経験者であれば、誰でも一度は体験したことがあるはずです。
大量のメールを高速に届けるor配信するには、実は難しく、専門のノウハウや専用ツールの導入が必要となるケースが多いのです。


(3)メールの到達率が悪い

「送信したはずなのに届かない・・」という経験をした方も多いのではないのでしょうか。
メール配信サービスの導入後にこのような自体となると、再度、システムの選定から始まり導入を繰り返すこととなり、余計な労力ばかり掛かってしまいます。


(4)届かない配信リストや退会リストの管理が煩雑

定期的にメール配信をしていると"届かないメールアドレス"や"退会したい方のメールアドレス"が発生してきます。
こうした配信リストの管理は、手動で管理することもできなくはありませんが、登録されているメールアドレス数によっては一定の時間を取られてしまうため、余計な労力を掛けなくてはいけません。


(5)重複配信が心配

さまざまな部門、人が管理しているリストを集めて、メールを配信する場合、同じメールアドレスに対して何度もメールを送信してしまう重複配信は避けたいところです。
しかし、配信リストをデータベースやCRMなどで正しく管理していない場合、手動で重複したメールアドレスが存在するかをチェックする必要があり、手間がかかってしまいます。


(6)メール配信後の効果が測定できない

メール配信の目的として

 ・メルマガ経由で売り上げをアップしたい
 ・受注角度を高めたい
 ・情報を迅速に届けたい

などがあると思います。
その際、『その目的を達成しているか』、『KPIを達成できているか』を測定する必要性に迫られます。
しかし、メール配信システムなど専用のツールを導入していないと、メールの開封率やクリック率、コンバージョンなどの効果を測定することが難しいケースが大半です。

メール配信システムなら、開封率やクリック率の効果測定機能はもちろんのこと、効果測定以外にもさまざまなマーケティング機能が含まれており、より高度なマーケティングを行うことができるでしょう。


(7)リッチなHTMLメール(コンテンツ)が作れない

WEBサイトのように画像で商品を見せられるHTMLメールを配信したいと思っても、HTMLソースが書けない場合、HTMLメールのコンテンツを作成することができません。




メール配信システムを活用するメリットは?

ほとんどのメール配信の担当者には、メール配信以外にも多くの業務があるかと思います。
「メール配信業務に必要以上の時間と労力をとられたくない」というのが本音ではないでしょうか。
そのため、メール配信の担当者は「高機能」「多機能」であることよりも、「操作が簡単」「作業の自動化」といった点を重視するかと思います。
極端な話、ECの管理システムにあるメール配信機能で十分であり、わざわざ有料のメール配信システムを利用する必要はないかもしれません。

では、メール配信システムを利用するメリットはないのでしょうか。
実際は以下の点にあると考えます。



メール配信システムを導入するメリットとは?


(1)高速、確実にメール配信ができる

数千・数万件の大量な配信リストに対して、メールやメルマガを送り、確実に届けることは、実は難しいのです。専門のノウハウや一斉配信に適した専用システムを導入しないと、

 ・ISPからブロックされて、届かない
 ・迷惑メールに入ってしまった

などの解決しづらいケースも多く発生し、解決には、相当量の労力が掛かることがあります。
また、メールアドレス数の増加に比例してエラーアドレスも増えますが、これも到達率に悪影響を及ぼします。
エラーアドレスの管理とクリーニングを手動で逐一するのは現実的ではないため、システムによる自動化が効率的です。

高速メール配信はタイムリーなメール配信が求められる際や、配信担当の負担、リソースを削減したいときの重要な要素になります。


 参考記事

  配信速度を改善した事例:タイミングを逃さない高速メール配信によりユーザーをつかむ戦略が可能に

  到達率を改善した事例 :メールの到達率が3%向上し、機会損失を改善


(2)シナリオ立てた自動メールが送れる

メルマガを都度、送るのも良いですが、『誕生日メール』や『ポイント通知メール』など、機械的に送るメールや『特定の日を起点とした自動メール』など、メール配信システムには、シナリオ立てたメールを自動配信できるステップメール(フォローアップ)機能も付いているため、運用の負担を掛けずに最適なメールを送ることもできます。
他にも、購入等のアクションを起こしてくれた顧客にステップメールの機能を利用してメール配信を行うことで、顧客関係値や満足度が向上し、結果的にロイヤルカスタマー化や会員の離反対策にも繋がる、リピート施策をとることができます。


(3)さまざまなマーケティング機能が付いている

一定の期間、メルマガ配信やメール配信を運用していくと、さらに高度なメールマーケティングを行い、顧客にとって最適なメールを届けたいという要望も出てきます。
そうした場合でも、メール配信サービスを利用していれば、セグメント(抽出)配信やレコメンドメール、カゴ落ちメール、動画メールなど、さまざまなマーケティング施策を行うこともできます。


(4)HTMLメールが簡単に作れる

メール配信システムによっては、HTMLメールのテンプレートを無料で公開していたり、HTMLをコーディングしないで、HTMLメールを作成できるエディター機能が備わっていたりと、HTMLソースを書けない方でも、簡単にHTMLメールのコンテンツを作成して配信することができます。


 参考動画:エディターを使ったHTMLメールの作成動画


(5)私信風のメールが送れる

BtoC向けのメルマガやBtoB向けのリードナーチャリング用途において

 ○○様へのおすすめ商品!
 ○×株式会社 ○○様

といったように、顧客の属性(会社名、名前やポイント情報など)やその他の情報(おすすめ商品の画像やURLなど)をメールに差し込み、私信風のメールを送ったり、パーソナライズ化したメールを配信することができます。


(6)業務負荷を軽減できる

メール配信システムは、メルマガやメールマーケティングを実施するために提供される専用のサービスであるため、

 ・重複したメールアドレスに配信できないようになっている
 ・配信リストのインポートが簡単に行える
 ・簡易的な会員管理機能や登録、退会フォーム機能が備わっている

など、痒い所に手が届く便利な機能も標準機能として提供されており、日々の業務負荷を軽減できるようにもなっています。


(7) 配信結果の良いメールを自動配信できる

BtoC、toBともに有効的な手段で、且つ便利な機能となるのが【ABテスト】です。
件名やコンテンツ(本文や本文内に差し込むリンク・商品等)が異なる2種類のメールを用意します。この2種のメールをABテストの機能を利用して配信すると、まずはアドレス帳の中から一部の人にだけ配信を行います。
次に、システム側で結果を自動検証し、反応の良かったメールを残りの人に自動配信することができる機能です。これを繰り返すことで、徐々に効果的なメールコンテンツや顧客ニーズの傾向がわかっていきます。


 参考記事:ABテストを自動で行うことで効率よく効果検証ができます


(8) メール配信の効果測定・改善策の検証ができる

メールマーケティングで成果をあげるには、PDCAを回しながらメール配信をするのが理想的です。
最初は読者の反応が良かったメルマガも、時間の経過と共に反応が薄くなるという状態に陥るケースはよくありますが、これは配信コンテンツのマンネリ化が影響していたりします。他にも、単純に配信コンテンツの内容が読者の求めるものでなければ、当然効果を得られません。 これらの問題を解決するために、メールの開封率やクリック率等の配信結果は逐一測定して、結果の善し悪しを把握する必要があります。
メール配信システムでは、配信結果を細かく見ることができるので、知りたい情報を簡単に確認できます。効果測定ができれば、今後のメール配信改善策の仮設を検証できます。


(9)安心安全のセキュリティ対策ができる

昨今、悪意を持った第三者による様々な手法で、個人情報を流出させられる事故が増えてきています。
万が一情報漏洩が起きた場合、企業としての信頼を落とし、ブランド棄損にもなりかねません。 通信の暗号化や、操作ログの管理、不正ログイン対策、アプリの脆弱性対策等の情報セキュリティ対策をしているメール配信システムであれば、このようなトラブルを未然に防ぐための機能が充実しています。




メール配信システムの検討も入念に

メール配信システムの導入は、

 ・業務負荷を下げる
 ・売上アップをサポートする
 ・メールを確実に顧客に届ける

といった成果の実現が期待できます。

メール配信システムを導入してみて想像したものと違ったということがないためにも、「現在と将来」「機能要件」「料金」の観点から入念に比較検討しましょう。

特に操作性については、実際に触ってみないとわからないことも多いため、まずは無料で利用できる試用(トライアル)版を実際に触って「操作感」を確かめることをお勧めします。



 参考記事

 ・メール配信サービス【まとめ】おすすめのメール機能

 ・価格だけで決めて失敗していませんか?リスク回避のためにチェックすべき4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の運営企業

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社は、10年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

ユミルリンクでは、メール配信システム、SMS配信サービス、SMTPリレーサービス、WEBアンケートシステムを提供しております。
ご興味を持っていただけましたら、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

ページの先頭へ