メール配信システムを導入するメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

enquate-of-things.gif

販売促進やリードナーチャリングなど、メール配信システムを導入しているケースは非常に多いかと思います。

一方、例えば比較的小規模のECサイトを運用している企業で、「ECシステム付属のメール配信機能で十分」「メール以外の媒体も考慮した上で、有料のメール配信システムを利用する必要があるのか疑問」といった理由で、今のところ導入していないケースもあるかもしれません。

今回は専用のメール配信システムを導入するメリットについてご紹介します。


今の時代にメール配信が必要?

販売促進やマーケティングの手段として、いつもその議論に上げられるメール。 「LINEやFacebookなど主要なSNSだけやっていればよいのでは?」という話題はいつもされています。 そもそも、メール配信には本当に力を入れるべきなのでしょうか。


(1)メールのアカウント数は2020年には30億人に

世界的にもメールの利用者数やアカウント数は、増え続けているそうです。
Radicati Groupの調査(2016年)によると、「メールの利用者は、2016年に27億人であるのに対し、2020年には30億人を突破する」との予測もあるほどです。
ユーザー数のカウント方法が異なるため、単純比較はできませんが、Facebookのユーザー数が約17億人(2016年時点)、LINEのユーザー数が2.2億人(2015年時点)と比較しても、圧倒的に利用者数が多いため、メールでリーチできるユーザー数は、最も多いとも考えられます。


(2)投資対効果(ROI)が高い

メールマーケティングの投資対効果(ROI)は、「1ドルの投資で、38ドルを生み出す」という調査結果を出す団体もあるほど、投資対効果が高いツールです。
さらに、「米国において、Eメールマーケティングテクノロジーは、BtoB企業とBtoC企業の82%に利用されている。」(Ascend2)という調査結果もあるほど、BtoB、BtoCに関わらず、ほとんどの企業で利用されています。


メール配信する際の課題

顧客へメール配信は、メール配信システムを使うのが効率的です。
このメール配信システムでは何ができるのでしょうか。
提供サービスによって差異がありますが、概ね以下に分けることができるでしょう。


(1)手間がかかる

「メール配信をやろう!」と思っても、"配信する目的を定める"、"配信リストを用意する"、"メール文書(コンテンツ)を作る"、"送るツールを用意する"、"不達リストを管理する" など、意外と手間がかかるものです。 しかも、メール配信するためのツールを準備する手間を省こうとして「メーラーを使って、BCCで送ればよいよね」などとは考えてないでください。
「BCCに入れたつもりがCCに入れて、個人情報漏洩に!」という事態にもなりかねません。
月数千円の低コストで使えるメール配信ツールもたくさんありますので、リスクとコストバランスを考えましょう。


(2)配信スピードが遅い

数百件程度のメールを配信するのであれば、あまり時間がかかるようなことはないでしょう。
しかし、数千・数万件のリストに送ろうとした途端、「1日で送り切れない・・」、「もっと早く最新情報を届けたいのに・・」などの課題が出てきます。

これは経験者であれば、誰でも一度は体験したことがあるはずです。
大量のメールを高速に送るのは、実は難しく、専門のノウハウや専用ツールの導入が必要となるケースが多いのです。


(3)到達率が悪い

「送ったはずなのに届かない・・」という経験をした方も多いのではないのでしょうか。
メール配信サービスを導入後にこのような自体となると、再度、選定と導入を繰り返すこととなり、余計な労力ばかり掛かってしまいます。


(4)届かないリストや退会リストの管理が煩雑

定期的にメール配信をしていると"届かないメールアドレス"や"退会したい方のメールアドレス"が発生してきます。 こうしたリストの管理は、手動で管理することもできなくはありませんが、数によっては一定の時間を取られてしまうため、余計な労力を掛けなくてはいけません。


(5)重複配信が心配

さまざまな部門、人が管理しているリストを集めて、メールを送る場合、同じメールアドレスに何度もメールを送ってしまう重複配信は、避けたいところです。
しかし、配信リストをデータベースやCRMなどで正しく管理していない場合、手動で重複したメールアドレスが存在するかをチェックする必要があり、手間がかかってしまいます。


(6)効果が測定できない

メール配信の目的として「メルマガ経由で売り上げを上げたい」、「受注角度を高めたい」、「情報を迅速に届けたい」などがあると思います。その際、"その目的を達成しているか"、"KPIを達成できているか"を計測する必要性に迫られます。
しかし、メール配信システムなど専用のツールを導入していないと、開封やクリック、コンバージョンなどの効果を測定することが難しいケースが大半です。
メール配信システムなら、開封やクリックの効果測定機能以外にもさまざまなマーケティング機能が含まれており、より高度なマーケティングを行うこともできるでしょう。


(7)リッチなHTMLメールが作れない

WEBサイトのように画像で商品を見せられるHTMLメールを送りたいと思っても、HTMLが書けない場合、HTMLメールのコンテンツを作成することができません。


メール配信システムを活用するメリットは?

ほとんどのメール配信の担当者には、メール配信以外にも多くの業務があるかと思います。
「メール配信業務に必要以上の時間と労力をとられたくない」というのが本音ではないでしょうか。

そのため、メール配信の担当者は「高機能」「多機能」であることよりも、「操作が簡単」「作業の自動化」といった点を重視するかと思います。極端な話、ECの管理システムにあるメール配信機能で十分であり、わざわざ有料のメール配信システムを使う必要はないかもしれません。

では、メール配信システムを使うメリットはないのでしょうか。
実際は以下の点にあると考えます。


(1)高速、確実にメールを配信できる

数千・数万件の大量なリストに対して、メールやメルマガを送り、確実に届けることは、実は難しいのです。専門のノウハウや一斉配信に適した専用システムを導入しないと、"ISPからブロックされて、届かない"、"迷惑メールに入ってしまった"などが解決しづらいケースも多く発生し、解決には、相当量の労力が掛かることがあります。


(2)シナリオ立てた自動メールが送れる

メルマガを都度、送るのも良いですが、"誕生日メール"や"ポイント通知メール"など、機械的に送るメールや"特定の日を起点とした自動メール"など、メール配信システムには、シナリオ立てたメールを自動で送るステップメール機能も付いているため、運用の負担を掛けずに最適なメールを送ることもできます。


(3)さまざまなマーケティング機能が付いている

一定の期間、メルマガやメール配信を運用していくと、さらに高度なメールマーケティングを行い、顧客にとって最適なメールを送りたいという要望も出てきます。
そうした場合でも、メール配信サービスを利用していれば、セグメント配信やレコメンドメール、カゴ落ちメール、動画メールなど、さまざまなマーケティング施策を行うこともできます。


(4)HTMLメールが簡単に作れる

メール配信システムによっては、HTMLメールのテンプレートを無料で公開していたり、HTMLをコーディングしないで、HTMLメールを作成できるエディター機能が備わっていたりと、HTMLを触れない方でも、HTMLメールを送ることもできます。


(5)私信風のメールが送れる

BtoC向けのメルマガやBtoB向けのリードナーチャリング用途において、「○○様へのおすすめ商品!」、「○×株式会社 ○○様」といったように、顧客の属性(名前やポイント情報など)やその他の情報(おすすめ商品の画像やURLなど)をメールに差し込み、私信風のメールを送ったり、パーソナライズ化したメールを送ったりすることもできます。


(6)業務負荷を軽減できる

メール配信システムは、メルマガやメールマーケティングを実施するために提供される専用のサービスであるため、"重複したメールアドレスに配信できないようになっている"、"配信リストのインポートが簡単に行える"、"簡易的な会員管理機能や登録、退会フォーム機能が備わっている"など、痒い所に手が届く機能も標準機能として提供されており、日々の業務負荷を軽減できるようにもなっています。



メール配信システムの検討も入念に

メール配信システムの導入は、「業務負荷を下げる」「売上アップをサポートする」「メールを確実に顧客に届ける」といったところで役に立つかと思われます。
導入してみて想像したものと違ったということがないためにも、「現在と将来」「機能要件」「価格」の観点から入念に検討しましょう。
特に操作性については、実際に触ってみないとわからないことも多いため、試用版を実際に触って「使用感」を確かめることをお勧めします。


参照記事
価格だけで決めて失敗していませんか?リスク回避のためにチェックすべき4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ