安否状況の確認

災害(*)発生時に、安否の確認や怪我の有無、程度、また各自の周辺状況などを素早く確認できます。

※災害例:地震や津波、大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪、噴火など


気象データと連携し、災害時の自動配信に対応

気象データと連携し、災害時の自動配信に対応

気象データと連携しているため、災害を検知した際に該当エリアの社員・スタッフに災害情報のお知らせや安否確認・緊急参集のメールを自動で配信することが可能です。

災害発生時は、確認を行う担当者自身が被災者となったり、同時多発的に対応することが困難なケースがほとんどです。
Cuenote 安否確認サービスでは、予め災害の種類やレベル(震度等)、および配信する内容を設定することができ、自動配信された通知に対する反応状況の確認も簡単に行え、迅速かつ確実な対応をサポートします。



未回答者への自動再送信に対応

未回答者への自動再送信に対応

安否確認メールの送信後回答の無いユーザーに対して自動で再送信を行い、回答を促すことが出来ます。

再送信までの間隔は最短15分から任意の長さを指定でき、より確実な安否状況の確認を可能にするとともに、再送信の自動化により担当者の運用負荷を軽減できます。

ページの先頭へ