2022.04.12 プレスリリース
「Cuenote安否確認サービス」がSMSを利用した安否確認にも対応可能に ~複数の通知手段(メール、SMS)に対応し、より確実な安否確認を実現~

 メッセージングプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」を提供するユミルリンク株式会社(代表取締役社長:清水 亘、本社:東京都渋谷区)は、「Cuenote 安否確認サービス」にSMS通知機能を追加した最新版を本日(2022年4月12日)から提供開始いたします。

anpikakunin1.jpg

 ユミルリンクが提供する「Cuenote 安否確認サービス」は、全国各地で起こり得る地震や大雨をはじめとした緊急時に地震・気象データと連動して自動で一斉通知が行え、手元にあるスマートフォン・パソコンですぐに従業員や職員の安否確認や対策指示を「迅速・確実・簡単」に行うことができるクラウドサービス(ASP・SaaS)です。

 この度、「Cuenote 安否確認サービス」では、安否確認を行いたい従業員・職員への通知手段として、従来のメールに加えSMS(ショートメッセージサービス)を利用できるように機能拡張しました。携帯電話番号宛てに送信されるSMSは高い開封率を有し、受信者に対し確実に通知を届けられる特徴があり、複数手段(メール、SMS)を利用した通知が行えることから、より確実に安否確認が行えます。

 本機能は「Cuenote 安否確認サービス」のオプションサービスとして提供いたします。


【特徴】

1.国内4キャリア直収のSMSで「より確実な安否確認」を実現

 SMSは、確実に届き、開封率が高いことに加え、携帯電話番号は変更されることが少ないため、確実な通知が可能です。更に複数手段(メール、SMS)で安否確認の通知が行えるため、どちらか一方の通知が不達であっても安否確認を行えます。


2.安否確認が取れない受信者へは自動で再配信し、配信回数・通知手段を設定可能
anpikakunin2.jpg
 安否の確認が取れない受信者に対し自動で再配信を行うことに加え、メールと併用して「2回目まではメール、3回目はSMSでも通知する」といった形でSMSによる配信回数をコントロールすることができます。SMSの送信は従量課金となるため、より反応を高めたいタイミングで効率的にSMSを活用できます。


3.通知内容はメール・SMSで個別に設定でき、URLは自動で短縮

 メールとSMSそれぞれ別の通知内容を設定できます。1通70文字となるSMSの文字数を考慮した効率的な通知が可能で、本文内のURLは自動で短縮されるため、文字数を抑制させることができます。


4.送信元に自社の電話番号を設定可能
anpikakunin3.jpg
 「Cuenote 安否確認サービス」では、SMS通知の送信元として自社の電話番号を設定することができます(※)。受信トレイ上で自社電話番号のタイムラインで表示され他の通知と混同されにくいため、受信者が確実に通知を認識することができます。
(※)SoftBank回線宛てのSMSでは、共通の送信元番号となります。


 ユミルリンクでは今後も、企業と消費者のコミュニケーションを実現するメッセージングプラットフォームとして、サービスの拡充に努めてまいります。


【提供形態・価格】
 ・提供形態:クラウドサービス(ASP・SaaS)
 ・価  格:初期費用...0円 月額料金...3,500円(税込3,850円)~
 ※ご契約は1年単位となります。
 SMS通知オプション...送信成功数による従量課金となります。詳細はお問合せください。


■「Cuenote 安否確認サービス」について https://www.cuenote.jp/anpi/

 「Cuenote 安否確認サービス」は、災害発生などの緊急時に地震・気象データと連動して自動で一斉通知が行え、手元にあるパソコン・携帯電話端末ですぐに従業員や職員の安否確認や対策指示を「迅速・確実・簡単」に行うことができる災害時情報伝達ソリューションで、クラウドサービス(ASP・SaaS)として提供しています。


■「Cuenote(キューノート)」シリーズについて https://www.cuenote.jp/

 ユミルリンクが提供するメッセージングプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」シリーズは、独自に開発したメール配信エンジン(MTA)により、メール・SMS配信が高速・確実に実行でき、月間のメール・SMS(ショートメッセージサービス)配信数は国内最大規模となる60億通を誇ります。大手企業や自治体をはじめ、多くの企業・団体にご利用いただいており、サービス契約数は1,900件を超えます。


<会社概要>
社  名:ユミルリンク株式会社
代表取締役社長:清水 亘
設  立:1999年7月
株式情報:東京証券取引所 グロース市場(証券コード:4372)
本  社:東京都渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー12F
事業内容:メッセージングソリューション事業(ASP・SaaS)
詳細については、 https://www.ymir.co.jp をご覧ください。

*「SoftBank」の名称は日本国及びその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標又は商標です。
*「Cuenote」は、ユミルリンクの登録商標です。

以 上


【本件に関するお問合せ先】
ユミルリンク株式会社 広報窓口:渡邉、五十嵐
TEL: 03-6820-0515 E-mail:cuenote@ymir.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ