【SMS配信活用例】SMS配信を使って本人認証

公開日:2019/03/14  更新日:2019/08/21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【SMS配信活用例】SMS配信を使って本人認証




最近スマートフォンアプリをダウンロードした時の本人認証や、WEBサイトへのログイン時の本人認証、金融機関での振込時の本人認証にて、SMS(ショートメッセージサービス)での本人認証を行っている企業もあるようです。

また、セキュリティーを強化する為にSMS(ショートメッセージサービス)を使って本人認証を行う企業も増えているようです。
SMS(ショートメッセージサービス)で本人認証とは実際どのようなものか日常で体験していないとイメージが沸いてこないと思います。
今後、自社でセキュリティーを強化する為にSMS本人認証の導入を検討するのであれば、是非知っておきたいセキュリティー対策の1つでもあります。


今回は、業界別でのSMS本人認証の利用例をご紹介します。



目 次

①スマートフォンアプリダウンロード時の本人認証

②チケット会員サイト登録時の本人認証

③金融機関・証券会社での振込時の本人認証

④カード会社のポイント交換

さいごに




SMS配信サービス



①スマートフォンアプリダウンロード時の本人認証


スマートフォンアプリをダウンロードした際に、SMS(ショートメッセージサービス)を使って「認証コード」を送り、本人認証を導入する企業が増えています。
なぜ、SMS本人認証を利用するかと言うと、携帯番号は同一の番号が存在しなく他人の携帯番号と被ってしまうことがないため、「認証コード」を送る手段としては最適な手段なのです。また、番号が被ることがないため、ユーザーを識別するための【キー】にもなります。
また、ユーザーにて間違って携帯番号を登録してしまったり、悪意を持ったユーザーがランダムな番号で登録したとしても、入力した携帯番号にしか本人認証用の「認証コード」が届かないので、知らない間にアプリをダウンロードしていた、ゲームの課金がされていた・・・なんてことも防ぐことができます。


【SMS配信活用例】SMS配信を使って本人認証



②チケット会員サイト登録時の本人認証


最近よく聞くのが、「チケットの高額転売」。
これは、1ユーザーが複数メールアドレスを使って会員IDを取得し、チケット購入時にその複数のIDを使ってチケットを購入するといった事が問題になっているようです。
例えば、人気アーティストのコンサートチケットが販売されるとします。複数IDを持っているユーザーがそれぞれのIDでチケットを購入し、そのチケットを高額で転売するのです。

このような高額チケットの転売を防ぐ為、チケット会員登録時に1ユーザーが複数回会員登録をできないよう、会員登録の時点で「携帯電話番号」を入力し「認証コード」を発行して、SMSで届いた認証コードを入力して登録、と言った流れを作ることにより、チケット大量購入→高額転売を防ぐことができます。


【SMS配信活用例】SMS配信を使って本人認証



③金融機関・証券会社での振込時の本人認証


金融機関・証券会社にて、一定金額以上の振込を行う際に、SMS本人認証が利用されているようです。

利用方法としては、振込確定をする前にSMSにて本人認証の為の使い捨てパスワード「ワンタイムパスワード」を送り、そのコードを画面上で入力して振込といった際に利用できます。
※これはあくまでも利用内容の1例になります。システムによってはSMS本人認証時のタイミング等は異なると思います。



【SMS配信活用例】SMS配信を使って本人認証



④カード会社のポイント交換


普段使っているカードにてポイントが貯まっていて、そのポイントを景品や別のカードのポイントに移行する際にSMS本人認証が利用されています。
これも上記2つのパターンにて紹介したようにSMS本人認証を使って「認証コード」を発行します。

こちらも②と同様、SMS本人認証のタイミングはシステムによって異なると思います。


【SMS配信活用例】SMS配信を使って本人認証



さいごに


今回はネットとSMS本人認証を組み合わせた際のご利用用途をご紹介しましたが、SMS配信は色々な場面でご利用頂ける手段です。

例えば、テレビショッピングにてお客様からの電話が集中してコールセンターに繋がらない、という事があると思います。「なかなか電話が繋がらないから購入はやめよう」といったお客様を減らすためにも、電話が繋がらないお客様にはIVR(自動音声応答システム)とSMS配信の連携を使って、お客様が要求している商品のウェブページのURLをSMS配信を使って伝えたりすることもできます。
こうすることにより、繋がらないお客様がそのまま購入離脱してしまう、といった事も防ぐことが出来ると思います。
また、上記で紹介したカード会社のポイント交換時に専用ダイヤルに電話をし、その後SMS配信にて本人認証用の「認証コード」を通知し、そのコードを画面上で入力して認証を行うといった利用方法もあります。


SMSの送信・配信サービス・システム【Cuenote SMS】 キューノート エスエムエス


SMS(ショートメッセージサービス)配信サービス、Cuenote SMS(キューノート SMS)は、インストールは不要で、携帯・スマートフォンを持っているユーザー全てに携帯電話網を利用したSMS配信が高速・確実に行えるASP/SaaSサービスです。開封率は90%以上という圧倒的な開封率の高さと、電話番号宛にメッセージを送れる利便性の高さが強みです。国内最高水準のメッセージングソリューションを手掛けるユミルリンクが培った配信技術と高次のセキュリティで、本人確認や申し込みなどの通知をはじめ、決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途等、様々な用途でのSMS活用をサポートいたします。

SMSの送信・配信サービス・システム【Cuenote SMS】について詳しく見る >>


この製品に関してのお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の運営企業

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社は、10年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

ページの先頭へ