メールマガジン登録ユーザーの動向調査

公開日:2022/08/04  更新日:2022/08/08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メールマガジン登録ユーザーの動向調査

インターネット黎明期から今日まで、いまなおマーケティングにおける重要なプッシュツールとなっているメールマガジン。

エンゲージの向上はもちろんのこと、メルマガを起点として購買行動を起こすユーザーも健在。一方で、「こんなメルマガは嫌われる」という特徴も明らかに。

企業からメールマガジンを受信するユーザーのリアルな心理・行動・傾向から見える「現代のメルマガ活用術」について、株式会社ライトアップと共同調査を実施しました。

ダウンロードはこちら

本レポートの調査内容


  • ユーザーは普段、どの程度(時間・頻度)メルマガに触れているか
  • メルマガを起点として購買行動を起こすユーザーは●割!
  • どんなメルマガなら読みたい/読みたくない?
  • メルマガが「多すぎる」と感じるラインはどのくらい?




  • 調査概要

  • 調査主体:株式会社ライトアップ・ユミルリンク株式会社
  • 調査期間:2022年7月1日~4日
  • 調査対象:20歳以上の男女、ビジネス利用およびプライベート利用のメールマガジンを1通以上登録している方
  • 回答件数:1,023件


  • 調査レポートのダウンロードの流れ

    ダウンロードはこちら

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    この記事の運営企業

    東証グロース上場のユミルリンク株式会社は、18年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
    メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

    ページの先頭へ