1. 【運用担当者必見】「業務負担を削減しメール効果もアップさせるには?」5つの課題からみる解決策

【運用担当者必見】「業務負担を削減しメール効果もアップさせるには?」5つの課題からみる解決策

公開日:2018年04月16日  更新日:2019年05月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「業務負担を削減しメール効果もアップさせるには?」5つの課題からみる解決策

メルマガやメールマーケティングを使って、「もっと効果を上げたい!」

けれど現実は"人手は増えない..."、"予算アップも難しい..." という課題は誰でもあるのではないでしょうか?

中規模以上(10万件以上)のメルマガ会員数を保有する企業の運用担当者ならではの、解決策も存在します。

資料では運用ご担当者にかかる無駄を省き、「運用業務を効率化しつつ、効果アップにつなげる」ための解決ノウハウ・成功事例をご紹介します。

【資料の対象者】
・中規模以上(10万件~)の会員・顧客を保有するマーケティング担当者
・メルマガの実運用ご担当者

<よくある"5つの課題">

 ①運用にかかるコストが高い!
 ②HTMLメール、自分で作れない!
 ③"送りたいタイミング"に送れない!
 ④メールが読者に届いていない!
 ⑤効果を上げたいが、PDCAをまわす時間がない!
 付録:課題解決の成功事例

ダウンロードはこちら

資料




メール・メルマガ配信システム・サービス【Cuenote FC】 キューノート エフシー


メール配信システムCuenote FC(キューノートFC)は、会員管理やメール配信後の効果測定をグラフィカルに表示。システム連携用APIなども提供しており、一斉配信からメールマーケティングまで行えます。独自開発のMTA(配信エンジン)とノウハウで、月間のメール配信数42億通・時間700万通以上(※)の高速配信を実現し、スマートフォンや携帯にもストレスなく高速・確実にメールを届けます。 ※クラウド型サービス(ASP・SaaS)の実績値

メール・メルマガ配信システム・サービス【Cuenote FC】について詳しく見る >>


この製品に関してのお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の運営企業

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社は、10年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

ページの先頭へ