メールマガジンのデザインに関する7つの間違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事は、KOL LimitedのAlan McCabe氏の許可をいただき『7 Email Newsletter Design Mistakes You Should Avoid』を翻訳した内容です。
Original source: "7 Email Newsletter Design Mistakes You Should Avoid" by Alan McCabe, Marketing Manager at KOL Limited. Reprinted with permission.



一般的なメールマーケティングサービスの助けを借りることによって、見た目の良いHTMLメール文書を簡単に作成することができます。

これらのサービスプロバイダから提供されるHTMLメール用のテンプレートは、ブランドにマッチするメールマガジンを作成する際に役立ち、優れた企業として受信者に印象づけることができます。

まるでプロが作成したように見えるメールテンプレートを利用する際には、デザインにおいては、いくつか気を付けるべき重要な要因があります。

そのメールを見てもらえるかどうかはさておき、小さなデザイン上のミスは、大きな影響を及ぼします。


緊急・防災メールに求められる必須条件


メルマガ作成において気を付けるべきミスは、次の7つです。


1.小型デバイスの無視

購読者が使用しているディスプレイのサイズに関係なく、メールマガジンはどんなデバイスででも素晴らしく見える必要があります。

最近では、メールはモバイルデバイスで読まれているため、レスポンシブなテンプレートを使用することをお勧めします。

これらのテンプレートでは、メールを小さなデバイスでも素晴らしい見た目に組み替える技術があります。
レスポンシブなテンプレートを使用していないのであれば、文書を明確かつ簡潔にしてください。


2.一貫性のないブランディング

(きちんと一貫性があるのであれば)電子メールが彼らの受信箱に入ったときに、受信者はすぐにあなたのブランドだと識別できるはずです。

あなたの仕事をプロフェッショナルのように見せるだけでなく、受信者との良好な関係構築にも役立ちます。
ビジネスロゴは電子メールの上部に配置すべきであり、文章では一貫性のある口調で、ビジネスの実体が分かるように意識してください。


3.異なったフォントを多用

あまりに多くの異なるフォントを使用してしまうと、メールが読者の気を散らしてしまいます。
MS Pゴシック、 ArialやHelveticaなどの一般的なフォントを使用してみてください。
フォントサイズにも特別な配慮をすべきです。


4.関係のない色を使用

あまりに多くの色を使うことは読者の気を散らし、メールを無視されたり削除されてしまいます。
ブランドに合わせ、2~3色を使用してみてください。
ブランドに関連しない色は、混乱を生んでしまいます。


5.コンテンツが整理されていない

コンテンツは読みやすくまとまっていなければなりません。
主要なメッセージは短く簡潔であるべきです。

受信者は、主要な情報が関連すると思われる場合のみ、コンテンツの残りの部分を読みます。
長い文章は、簡単な一言に置き換えてください。


6.適切ではない画像の使用

ビジュアルは、私たちの脳内でテキストよりも高速に処理されます。
あなたのメッセージをサポートするために、目を引くストックフォトや製品の写真を使用してください。
あまりにも多くの画像で、メールに負荷をかけないでください。


7.関連リンクを追加していない

受信者をウェブサイトやソーシャルメディアのページへ誘導するために、少なくとも1つの関連するリンクを電子メールに含めるべきです。
コンバージョンさせるために、その受信者にとって最も関連するページへ誘導するリンクを含めてください。
もしそのメールマガジンが、何か特定のサービスや製品を中心に展開している場合は、メール内のリンクから、その特定のページにリンクさせる必要があります。



メールのデザインに小さな変化を適用することで、受信者との関係を強化したり、よりコンバージョンを増やすことにつながるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ