ECサイトとメール配信システムの連携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトとメール配信システムの連携


現在運用しているECシステムにメール配信の機能もついてるからそれを利用しよう、と初めてはみたものの配信はできるけど、クリックカウント、開封率の効果測定が取得できない、と悩まれている方。
また、マーケティングオートメーションを入れてみたけど、使いこなせない、シナリオを1本しか作ってない、と言った方もいらっしゃるのではないでしょうか?
膨大な初期費用や月額費用が無駄になったりしていませんか?
マーケティングオートメーションを利用しなくても、メール配信システムでもシナリオを作って販促できますし、購買履歴を追うことも可能です。
今回は、ECサイトとメール配信システムの連携事例と、シナリオ作成のご紹介します。


今回は、ECサイトとメール配信システムの連携事例をご紹介します。


現在のシステムはそのまま利用できます


現在ご利用されているシステムそのものを変更するのは、費用、労力、時間、その他諸々・・・とても大変だと思います。現在ご利用のシステムを変更しなくても、メール配信システムと連携させることで、今まで通りの配信、それ以上の事が可能となります。

下記にて連携パターンをご紹介します。


①CSVファイル連携


お客様システムがCSV形式データの配信リストを指定した時間(バッチ処理方式)に自動連携させることができます。


ECサイトとメール配信システムの連携

②IDリスト連携


お客様が保有する会員IDリストをメール配信システムへ連携するだけで、メールアドレスとIDの結合を行い、配信リストを生成できます。 そのため、DMP、レコメンドやWEB解析ツールなど、各種マーケティングツールとの連携が容易になります。


ECサイトとメール配信システムの連携

③API連携


お客様のシステム、データベース、CRM、CMS、ECシステムとメール配信システムを連携させることができます。


ECサイトとメール配信システムの連携


上記①~③が連携のお話しとなります。

次に、販促施策の一例をご紹介します。


シナリオメール


お持ちのデータベースには、
 ・問い合わせ日
 ・会員登録日
 ・購入日
 ・誕生日
といった、日付となるデータを取得されているかと思います。
こちらの日付情報をステップメールの起点日として、商品購入後のサンクスメール、お誕生日メール等を送ることが可能です。



ECサイトとメール配信システムの連携

さいごに


上記でご紹介させて頂いた施策は一例ですが、レコメンドエンジンと連携して購買履歴や閲覧履歴など、サイト内の行動データを分析して「おすすめ商品」をメールでご案内したりすることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ