auのメールドメインが2018年4月から変更に

公開日:2017/08/29  更新日:2019/07/05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

auのメールドメインが2018年4月から変更に

auが先日、キャリアメールのドメインを2018年4月より「@ezweb.ne.jp」から「@au.com」へ変更することを発表しました。

変更とは言っても既存の「@ezweb.ne.jp」アドレスをそのまま使い続けることもできます。主な変更点は以下のとおりです。


【変更点】

・現在の「@ezweb.ne.jp」は、2018年4月以降も利用可能。

・2018年4月以降に新規にメールアドレスを取得する際は、「@au.com」ドメインとなる。

・2018年4月以降にメールアドレスを変更する際は、「@au.com」ドメインとなる。

・法人向けのメールアドレス「@***.biz.ezweb.ne.jp」は、「@***.biz.au.com」で提供。


過去を振り返ると国内のキャリアメールにおいては、メールの@以降のドメイン変更や統廃合、新規ドメインの追加は、それほど珍しいものではなく、過去に何度か実施されたこともあります。

今となっては、懐かしいとも感じてしまいますが、"@ido.ne.jp"、"@***.tu-ka.ne.jp"というようなメールドメインが存在していたことを記憶している方も少なくはないのではないでしょうか。


大手キャリアのメインで利用されているメールのドメインということを考えると、利用者にとっての影響が大きい変更であると思われますが、ブランド名を考えると"@ezweb.ne.jp"よりは、"@au.com"の方が、利用者にとってはイメージし易くなるのではないかと感じています。


そして、3大携帯キャリアは今まで"ne.jp"ドメインを採用していましたが、".com"ドメインを採用しているのも珍しいケースです。


2018年4月には、「@au.com」をauのメールドメインとして扱い、メールが送れるよう、メールを送るシステムを変更する必要が出てくる方々もいらっしゃると思いますが、それまでの間にシステムやツールの対応を忘れないように行いましょう。


※「au」はKDDI株式会社の登録商標です。

メール・メルマガ配信システム・サービス【Cuenote FC】 キューノート エフシー


メール配信システムCuenote FC(キューノートFC)は、会員管理やメール配信後の効果測定をグラフィカルに表示。システム連携用APIなども提供しており、一斉配信からメールマーケティングまで行えます。独自開発のMTA(配信エンジン)とノウハウで、月間のメール配信数42億通・時間700万通以上(※)の高速配信を実現し、スマートフォンや携帯にもストレスなく高速・確実にメールを届けます。 ※クラウド型サービス(ASP・SaaS)の実績値

メール・メルマガ配信システム・サービス【Cuenote FC】について詳しく見る >>


この製品に関してのお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の運営企業

阪急阪神東宝グループのユミルリンク株式会社は、10年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

ページの先頭へ