1. 効率UP!メールマガジンのテンプレート(ひな形)活用のススメ

効率UP!メールマガジンのテンプレート(ひな形)活用のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効率UP!メールマガジンのテンプレート(ひな形)活用のススメ

定期的にメール配信を行う場合、メールのテンプレート(ひな形)を使用することをおすすめしています。

テンプレートは、開封率やクリック率、コンバージョン率など、数字の検証が不可欠なメールマーケティングにおいて、大変有効な手段といえます。

そこで今回は、メールのテンプレートを活用するメリットを大きく3つに分けてご紹介します。


(1)テンプレートを使うと、有効な検証が可能になる

たとえば、毎回構成の違うデザインでメール配信をすると仮定しましょう。型が違うと、結局のところ「デザインやコピーなどのうち、どの要素がよかったのか、逆に悪かったのか」の検証がむずかしくなってしまいます。

テンプレート化した型を使用し、コピーを変えたり画像を変えたりすることで、数字の良し悪しが比較でき、改善につなげることができます。

「コピーを変えたから数字がよくなった」「画像のデザインを変えたから数字がよくなった」などの検証は、メールマーケティングの改善にとって非常に有効といえます。


(2)ボリュームを決めることで、内容を必然的に絞り込める

メールの文面は、書こうと思ったらいくらでも書けてしまうものです。しかし、あまりにボリュームが多すぎると、一番伝えたいことがぼやけてしまいがち。ただ長いだけのメールは読んでいても疲れてしまうので、ユーザーが途中で離脱してWebサイトに訪れてくれないことも・・・

テンプレートを活用すれば、必然的に決められた枠のなかでライティングをすることになります。なにを書くか決めることで、伝えたいトピックスの優先順位が自然と明確になるというメリットも。

限られたスペースで一番伝えたいことを最大限に書くというクリエイティブにつながるので、最適なボリュームが見えてくれば、複数のテンプレートに応用することも可能です。


(3)スピーディーなメール展開が可能になる

いざメール配信をしようと思っても、決まったテンプレートがない場合、そもそもの構成を考えるところから始めなくてはいけません。
しかしブラッシュアップしたテンプレートがあれば、構成を考える工数が減り、その分スピーディーにメールマーケティングの運用を進めることが可能になります。

「時事ネタに合わせて今すぐメール配信したい」「早急にセールのお知らせをしたい」など、旬なメールこそタイミングが重要。テンプレートを活用してスマートなメールマーケティングを行いたいものです。


以上が、メール配信においてテンプレートを活用することの代表的なメリットです。

まずは複数のテンプレートを用意して、同じコピーや画像でABテストを行うことをおすすめします。これを何回か繰り返すことで事例を蓄積・検証し、最適なテンプレートを見つけましょう。

米澤信弘
株式会社ライトアップでメールマーケティングやコンテンツ制作のプロデュースを担当。
トレンドとユーザーニーズを組み合わせた企画を得意とし、伸び悩むメルマガに改善策を提案するメールコンサルタントとしても実績をあげている。
近年は、顧客企業からの依頼でメールマーケティングセミナーの講師も務める。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ