操作権限設定

アンケートシステムを利用するユーザー(アカウント)の操作権限を設定することができます。

操作権限を設定することで、アンケートやフォームから登録された情報へアクセスできないユーザー(アカウント)を作ったり、部署や役職別に権限を使い分けることができます。


【権限の利用例】
  • ・Aさん:アンケートの作成・修正などは行えるが、アンケートやフォームの回答データには、アクセスできない。

  • ・Bさん:アンケートやフォームの回答データには、アクセスできるが、アンケートやフォームの作成などは行えない。

また、権限は複数ユーザー(アカウント)に紐づけるのではなく、グループ(組織や役職などの単位)に紐づけます。そのため、権限の変更時は、一人一人の権限を変更せずにグループ単位で、一括して権限を変更することができます。


■Cuenote Surveyにおけるアカウント、グループ、権限ロールについて
1.アカウント
システムへログインするためのユーザーです。

2.グループ
複数のアカウントをまとめて管理することができます。
このグループに対して、機能別の利用権限を割り当てることができます。
さらに、詳細な権限については、権限ロールで設定することができます。

3.権限ロール
権限ロールには、以下3つの権限があります。

・アカウント権限ロール
全てのアカウント(自分自身も含む)の編集、削除権限を付与することができます。

・テーブル権限ロール
回答結果やクローズドアンケート用のユーザーリストをダウンロードする権限を付与することができます。

・アンケート権限ロール
アンケートの編集、削除権限を付与することができます。

操作権限設定

ページの先頭へ