1. URLパラメーター記録

URLパラメーター記録機能

アンケートやフォームなどのURLに付与した任意のパラメーターを記録することができるため、「どのサイトからアンケートに回答があったのか?」という"経路情報を記録・分析"したり、ユーザーを識別するIDをパラメーターとして引き渡し、"アンケートシステム側に顧客情報を保存させずにアンケートを運用"することができます。

<用途・メリット>

経路を記録、分析することで、流入元サイトごとの効果を測定する

アンケートの経路(誘導元)分析が可能に

また、ECなど会員登録が必要なサイトであれば、会員IDなどユーザーを特定する識別IDをアンケート結果とともに記録させることができます。


<用途・メリット>
  • ・アンケートの回答結果とユーザー識別IDから顧客情報を紐づけることができるため、顧客情報をアンケートシステムに保持する必要がなくなる。
  • ・ユーザーへの顧客情報入力を省略することができるため、ユーザー側の入力に関する手間を削減し、アンケート回答率を向上させることができる。

顧客情報をアンケートシステムに保存せずアンケート取得が可能に

※本機能はオプション機能となります。

ページの先頭へ