簡単に作れてメリット多数!HTMLメールの特徴とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単に作れてメリット多数なHTMLメールとは?


文字や記号だけのシンプルなテキストメールと比較して、ウェブサイトのように画像やテキストを装飾した華やかなコンテンツを届けられることが、HTMLメールの大きな特徴です。

とはいえ「自分は片手間で運用していてデザイナーでもないから、HTMLメール用のコンテンツを作るなんて無理!」という声が聞こえてきそうです。実際に当社にお問合せをくださるお客様のなかにも、他の業務を兼務しながら運用をお考えの方もいらっしゃいます。

今回は、そんなご担当者もすぐに活用したくなるようなポイントを交えて、特にお伝えしておきたいメリットを5つご紹介します。



1 商品イメージが伝わりやすい


テキストと画像とでは、購読者側のインパクトが段違いです。
とにかく表現の幅が広いため、テキストの説明だけでは伝えきれないビジュアルを、視覚的に訴求できるようになります。

アパレルや旅行業界などであれば、商品画像や風景写真を盛り込むことで、購読者へより魅力的なイメージ訴求が可能です。

また、購読者がスマートフォンで受信し閲覧する場合、テキストメールだとURLをタップしづらいケースもあります。HTMLメールであれば、遷移させたい箇所をボタンとして組み込んだり、画像にリンク指定をすることで、購読者にとって読みやすさや操作のしやすさに繋がります。 画像を使用しなくてもフォントサイズや色を変化させるなど、見た目にメリハリをつけやすい点もメリットの一つです。



2 開封率を把握できる


効果測定ツールを利用することで、配信者は誰がいつメールを開封したかを把握することが可能です。

特に件名の良し悪しは開封数への影響が顕著に表れますので、数値を継続的に測定することにより、次回以降の件名改善への指標にもなります。



3 動画やアニメーションGIFを組み込める


GIFアニメーションを組み込めるHTMLメール

近頃よく目にするようになった動画メール。簡単にHTMLメール用にコードを生成できるサービスもあります。生成されたURLを貼り付けるだけで、購読者はメーラー内で閲覧することが可能となります。

商品のPRやキャンペーン、説明書がわりに商品の使い方を動画で紹介するなど、様々なアプローチができます。

GIFアニメーションのメリットについては、以下記事からもご紹介しております。

 『動くメルマガで訴求効果アップ!GIFアニメーションの活用』
 https://www.cuenote.jp/library/marketing/gif-anime-mailmagazine.html

例えば商品数の多いECサイトやアパレル業界などであれば、紹介したい品数を絞る必要がありますが、GIFアニメーションにして画像を書き出すことで1つの表示枠内に複数の品を切り替えて表示させることが可能です。

このように動くコンテンツを入れるだけで、キャンペーンだったりセール情報だったり、特に訴求したいものを目立たせることができます。

ただしひとつだけ、気を付けていただきたい点があります。

色々盛り込めるからといって、あれもこれもと詰め込んでしまったり、華美にし過ぎてしまうのは逆効果となるので注意が必要です。



4 季節感を演出できる


簡単に作れてメリット多数なHTMLメールとは?


これからの季節であればクリスマスや新年のあいさつ、年賀状としてなど、グリーティングカード代わりにも活用できます。テキストメールでは再現できないメリットの一つでもあり、販売を促すプロモーションとしてもうってつけです。

また最近の例でいうと、これまで日本では馴染みの無かった「ハロウィン」「イースター祭」「独身の日」と関連付けるなど、"閑散期にも購買意欲を向上させるきっかけづくり"にも活用されています。

 『「季節ネタ」でメールマーケティングの効果をアップを』
 https://www.cuenote.jp/library/marketing/season-mail.html

5 コーディングの知識がなくても配信できるツールが豊富


数年前まではHTMLメールを配信するには、通常のウェブサイトとは違った構成となる特殊なコーディング技術が必要でした。

しかし現在では無料のツールが公開されていたり、メール配信システムを提供しているサービスにエディター機能として装備されていることが多く、HTMLメール製作に対する敷居が低くなっています。

製作ツールの操作方法も簡単です。パワーポイントなどで資料を作るような感覚でドラッグ&ドロップするだけで画像を挿入できるなど、非デザイナーの担当者でも比較的短時間で作成することが可能なので、これまで製作にかかっていた手間やコストの大幅削減につながります。

無料で利用できる便利なツールをいくつかご紹介します。

HTMLエディター

・BEE free
 https://beefree.io/

・Campaign Monitor
 https://www.campaignmonitor.com/email-templates/

非デザイナーでも簡単にHTMLメールを作成できるツールとして知られています。テンプレートも豊富で、ウェブブラウザを通してコンテンツの配置からテキスト装飾など細かい編集も可能です。仕上がったコードは、ダウンロードして利用できます。

私も一度BEE freeを利用して作成してみました。
レイアウトを変えたり画像を思い通りに配置でき、サクサクと操作できます。非常に使いやすく、HTMLメールに関する専門的な知識がなくても、楽しく作成できます。

テンプレート

・Free Psd/html Responsive Email Template
 https://dribbble.com/shots/1506390-Free-Psd-html-Responsive-Email-Template

・Email Newsletters
 http://www.email-newsletter-template.com/free-email-templates/

無料で利用できるツールのほとんどは海外のサービスです。ただ、無料であるかわりに日本語での操作案内やサポートが無いため、フォローを必要とする場合は不安かもしれません。


当社のメール配信システムも標準機能としてレスポンシブHTMLメールエディターが備わっています。

HTMLメールエディター

 



紹介動画のように、ウェブブラウザでの管理画面上で、画像をドラッグドロップしたりボタンを配置させるだけで、自由度の高いレスポンシブHTMLメールも作成することが可能です。

また、既に別のシステムをご利用中で、レスポンシブメールも作れないという方向けにご利用いただけるテンプレートも公開しています。 HTMLメール用のコーディングが済んでいるテンプレートですので、必要に応じて画像を差し替えたりテキストを編集するだけで出来上がり。

レスポンシブHTMLメールテンプレート

 https://www.cuenote.jp/library/download/responsive-email-template.html

 ※レスポンシブHTMLメールのメリット
  PCやスマートフォン、タブレットなど、今やメルマガを閲覧する環境は人それぞれ違います。
  レスポンシブデザインのHTMLメールであれば、デバイスの表示領域によって
  コンテンツのレイアウトを読みやすいレイアウトに自動で可変させることが可能です。



おわりに

このように、メリットの多いHTMLメール。以前はコストや工数がかかるなど、準備に伴う費用的なデメリットが大きかったのですが、今回ご紹介したようなツールやテンプレートを活用することで、コーディング知識が無くても誰でも簡単に作成することが可能となっています。

敷居は明らかに低くなっていますので、ぜひ試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ