動くメルマガで訴求効果アップ!GIFアニメーションの活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、HTMLメルマガの画像が動いているのを見かけることはありませんか?
実は動画が採用されているメールマガジンが増えてきています。

動画が採用されたメルマガ


人は動きのあるものについ目を奪われてしまう傾向にあり、そこをうまく利用しているのが動くメルマガです。

今回はGIFアニメーションを用いたHTMLメールマガジンについて、ご紹介していきたいと思います。


GIFアニメーションとは

複数の静止画像を重ね合わせ、1つのGIF画像ファイルとして出力された動画の名称です。ひとことで言えば、パラパラ漫画のようなものです。

画像を何枚か用意し、それらを次々に切り替えて表示させることで、画像が動いているように見せています。


HTMLメールへの採用メリット


・部分的に採用するだけでも差別化、注目度アップ
・1箇所で複数のコンテンツを表示可能
・クリック率(CTR)の向上


動画となると準備も大がかりですが、比較的手軽に採用できるのがGIFアニメーションなのです。

GIFアニメーションさえ用意すれば、通常の画像と同じようにサーバーへアップし、HTMLメールコーディングの際も通常のGIF画像の名称を記述をするだけなので、とても簡単に採用できます。
動き自体も、点滅させたり、少しの変化を加えるだけで読者の視線を惹きつけることができますので、特に注目してもらいたい箇所に採用すると良いでしょう。

具体的な利用例としては、以下のようなものがあります。


1.イチオシコンテンツ

たいていは一番上に配置されるイチオシのコンテンツ。その画像に動きを付けるだけで、これまでよりも読者の目を惹きつけやすくなります。

また、「iPhone"3D Touch"のプレビューで、開封やクリックは測定できるか?」でもご紹介しましたが、ファーストビュー内にコンテンツを配置することで、プレビュー状態でさらに目にとまる確率が高まります。

受信したメルマガのファーストビューのイメージ


2.見出しやタイトル、テキストに

注目させたいテキスト一部分をピカピカと点滅させる方法もあります。

例えば、「○月○日から50%OFF SALE開始!」というタイトルの場合、「50%OFF」のみを点滅させることにより、より協調させることができます。

テキストの一部を点滅させるイメージ

滑らかな表現を求めていないのであれば、GIF画像2枚で繰り返し表示設定が可能ですので、とても手軽ですし容量も抑えられます。


3.クリック率が低くなりがちな下方コンテンツ

メルマガは一般的に上部が一番クリック率が高く、下のコンテンツになる程クリックされづらい傾向があります。

まだ検証段階ではありますが、実際に当社が配信しているBtoB向けメールマガジンでもGIFアニメを採用してみました。
比較的クリック率の低い定番の位置である「毎月開催のセミナー情報」エリアに配置したところ、静止画(通常の1枚画像)だった過去のメルマガよりもクリック率が向上していたことが分かりました。

実際に配信したGIFアニメーション



注意点


多用しすぎない

配置しすぎてしまうことにより、訴求ポイントが埋もれてしまうだけでなく見た目もやかましく、一昔前のフィッシング系サイトのような仕上がりになる恐れがあります。
そのため、GIFアニメを採用する際はできる限り最小限にすることをお勧めします。

特にBtoBの場合はなおさらです。例えばイメージ内の注目させたい文言のみの点滅であったり、何枚か画像が切り替わるだけのものなど、多くても2か所程度にとどめておくと良いでしょう。


画像を切り替えるタイミングは、配置する場所により変化させる

表示を切り替えるタイミング(秒数)を変化させる際、画像に記載されているテキストボリュームが多いのに短い間隔で切り替わってしまうと、読み終わらないうちに切り替わってしまうことになり視認性が損なわれます。
逆に切り替わるまでが長すぎると、受信者が動きに気付かないうちにスクロールされ、せっかくの訴求ポイントが見落とされてしまう場合もあります。

そのためGIFアニメーションとして画像を出力する際、切り替わるタイミングや、動きの継続有無などを、配置場所・商材やターゲット層によって検討する必要があります。


携帯キャリア向け配信はNG

GIFアニメーションにすることにより、画像自体の容量が大きくなるため、携帯キャリア向けなど画像を同梱するタイプの配信には向きません。


まとめ

簡単に採用できて、見栄えもよく、読者の視線を惹きつけられるGIFアニメーション。
これからの時期であれば、年賀メールを配信される方も多いかと思います。GIFアニメーションを取り入れて、他の年賀メールと差をつけてみてはいかがでしょうか。


アニメーションGIFを取り入れた年賀状の例


余談ですがGIFアニメは歴史が長く、実は10年ほど前にも流行った時期があったそうです。流行は繰り返すのですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ