BtoBメルマガのネタがない!担当者や初心者お助け3ヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配信先のアドレスをクリーニングしたり、メルマガのコンテンツを考え、文書を作成したり、配信設定をして効果測定をして・・・と、メルマガ運用者の業務は地味なうえ思った以上に多岐に渡ります。

専門の部署を設置している場合や外注に丸投げ、という方法もありますが、現実は本業をこなしつつ片手間という方も多いのではないでしょうか。

特にメルマガのコンテンツ企画や文書のライティングに関しては「時間を多く割けられないが、手を抜くわけにもいかない、ネタを探す時間も無い!」と思うことはありませんか?

メルマガのネタお助けヒント

定期的にメルマガ配信をしている場合、お知らせすべき情報が都度あれば良いのですが、特筆すべき情報や新鮮なネタが毎回あるとは限らず、次回も同じネタという訳にはいきません。

今回は、"メルマガ配信担当者の悩みのタネ"の一つ、ネタが枯渇した際のお助けヒントを3つご紹介します。


目次
1.今日は何の日?
2.〇〇特集 と銘打つ
3.〇〇に人気 と銘打つ
まとめ


1.今日は何の日?

メルマガを配信する日があらかじめわかっているのであれば、何の日にあたるかを調べ、時事ニュースとからめます。

一例ですが、今から年末にかけてであれば以下のようなイベントがあります。

9月

 ・7~18日:リオデジャネイロパラリンピック開催。
 ・17~19日:シルバーウィーク
 ・11日:ニューヨーク同時多発テロから15年


10月

 ・1日~9日:無数の気球が空を埋め尽くす「国際気球フェスティバル」(アメリカ)
 ・7~9日:ワイマール市民に欠かせない食材のイベント「玉ねぎ市」(ドイツ)
 ・日本バスケットボールリーグ「Bリーグ」開幕


11月

 ・8日:アメリカ合衆国大統領選挙投票日
 ・22日:墨田区亀沢に「すみだ北斎美術館」がオープン


12月

 ・国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している宇宙飛行士 大西卓哉さんが帰還の予定
 ・11日:世界一の市民マラソン「ホノルルマラソン」開催(アメリカ)


2.○○特集 と銘打つ

ターゲット層、または抽出した層に合わせて、読者の興味に近しい特集を組みます。

世間で情報漏えい問題が話題となっているのであれば、「セキュリティに関連する情報」とからめた自社サービスの情報を紹介します。

 例)
  ・セキュリティ品質に関する機能
  ・セキュリティを重視して導入を決めた事例企業を紹介
  ・堅牢なセキュリティであることを裏付ける情報



3.〇〇に人気! と銘打つ

BtoBの場合、自分と同業者の同じような担当者が、いまどんなネタに興味があるのか気になるもの。

アナリティクスなどで計測しておいた数値をもとに、閲覧数が上位に入るコンテンツに順位をつけ紹介します。

 例)
  [2016年度]前半人気記事ランキング BEST5
   第1位 受信ボックスにメールが届かない原因をご存知ですか?
   https://www.cuenote.jp/library/marketing/delivery_rate.html

   第2位 HTMLメールの作り方1~通常のウェブページ制作との違い~
   https://www.cuenote.jp/library/marketing/html-mag2.html

   第3位 HTMLメールの作り方3~スマホ対応とレスポンシブHTMLメール~
   https://www.cuenote.jp/library/marketing/html-mag4.html

   第4位 送信ドメイン認証技術(SPF、DKIM )やDMARCとはどのような仕組みか?
   https://www.cuenote.jp/library/marketing/dmarc.html

   第5位 メールの配信で遅れが生じる原因と解決方法
   https://www.cuenote.jp/library/marketing/mail-delay.html
  ※集計期間:2016年1月~6月26日


まとめ

メルマガ発行は既存顧客への単なる情報発信にとどまらず、顧客との関係構築を維持し、サービスや名称などの認知を継続させる役割があります。

マーケティング施策としての歴史は長く、流行りのSNSと比較し印象は地味ではありながら侮れない存在であり、今後も効果は堅調であると考えられます。

参照:ITR 図2.BtoB、BtoC別に見る今後最も強化したいマーケティング施策(単一回答)
   https://www.itr.co.jp/report/crossview/X16000400.html


メルマガ配信は、継続することも大切です。メルマガを配信する初心者の方はもちろん、ある程度運用しているなかでネタに枯渇したと思った方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ