HTMLメール配信の効果、メリット&デメリットとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTMLメール配信の効果、メリット&デメリットとは?

テキストメールとHTMLメール。どちらも配信するか、どちらか一方だけにするかなど悩む方も多いのではないでしょうか。また、HTMLメールを検討しているけれど、テキストメールとは勝手が違うことからいまひとつ踏み切れないなんてことも。

そこで今回は、HTMLメール配信の効果、メリットやデメリットをご紹介します。


HTMLメール配信の効果

効果その1:メールの閲覧者を増やすことができる

詳しくはメリットの部分で述べますが、結論だけいいますと、HTMLメールを配信することによってメールを閲覧するユーザーを増やすことができます。

とはいえ、ただHTMLメールを配信するだけでは、閲覧者を増やすことはできません。開封率を手掛かりにした、検証とブラッシュアップが必要になります。 開封にもっとも影響する件名を改善し、開封率を上げることで閲覧者を増やせるというわけです。


効果その2:メールマーケティングの効率が改善する

メール閲覧者の母数が増えることで、必然的にクリックしてもらえる率も高くなります。商品を買ってもらったりサービスに契約してもらったりする場合、メール内では完結しないため、メールからWebサイトに誘導する必要があります。

HTMLメールの強みを生かしてクリック率を上げ、Webサイトへうまく誘導するボタンなどを設置すれば、売上につながることが期待できます。


HTMLメール配信のメリット

メリットその1:メールの開封率を把握できる

HTMLメールを配信すると、メール配信システムやその他効果測定ツールによって、「●通出したうち●%のユーザーが開封した」という開封率のデータをとることができます。

この開封率は、メールマーケティングにとってとても大切な数字。「このテーマだと開封率が下がった」「件名に●というワードを入れると開封率が上がった」「●時台に配信したものより●時台に配信したもののほうの数字がいい」など判断できるため、試行錯誤しながらさまざまな改善をすることができます。

開封率を見ながら改善を加えていくことで、より効果的なメールマーケティングが叶うでしょう。


メリットその2:画像を使って商品やサービスを視覚的に伝えられる

百聞は一見にしかず、ということわざがあります。いくら文章で説明されても、実物を見ないことにはなかなか伝わりにくいものですよね。メール配信においてもそれは同じことです。

商品のデザインやサービスの概要など、文章で説明してもいまいち伝わりにくいものを、HTMLメールでは画像で表現することができます。イメージが一発で伝わるため、Webサイトへの誘導もしやすくなります。

また、ボタンやバナーを設置できるので、クリックさせたい部分を強調できるというメリットもあります。


HTMLメール配信のデメリット

デメリットその1:テキストメールに比べてコストがかかる

テキストメールであれば、テキストエディタやWordなどをつかって誰でも原稿をつくることができます。しかし、HTMLメールとなると、専門のスキルをもった人材が必要になります。

画像をつくるデザイナーはもちろん、HTMLを組むコーダー・・・など、テキストメールに比べてプレイヤーが増えるため、その分コストがかかります。


デメリットその2:テキストメールに比べて制作時間がかかる

こちらも、プレイヤーが増えたことによる影響といえます。テキストメールであれば、自分が制作して修正があれば自分で直して配信・・・ということができますが、HTMLメールだとデザイナーやコーダーの作業を待つ時間が発生します。 そのため、テキストメールに比べてスケジュールに余裕をもって制作を進める必要があります。

このように、HTMLメール配信における効果やメリットは十分にあります。その一方で、コストや制作時間にかかわるデメリットも無視できません。

HTMLメールがメールマーケティングの効率をアップすることは明白ですが、いま配信しているテキストメールの目的や規模、内容によっては、上記のデメリットが大きく響くことも。コストや時間をかけてでもテキストメールからHTMLメールに乗り換えるメリットがあるかどうか、しっかり検討することが大切です。

米澤信弘
株式会社ライトアップでメールマーケティングやコンテンツ制作のプロデュースを担当。
トレンドとユーザーニーズを組み合わせた企画を得意とし、伸び悩むメルマガに改善策を提案するメールコンサルタントとしても実績をあげている。
近年は、顧客企業からの依頼でメールマーケティングセミナーの講師も務める。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ