配信レポート機能

配信レポート画面では、SMS配信後の結果や、過去・現在にてどの位のSMS配信を行ったのか通数確認が
できます。
また、目的や利用用途によってレポート画面の使い分けができます。


≪配信件数確認≫

配信数通推移画面では、SMS配信数(成功数+失敗数)、成功配信数、失敗配信数、SMS配信した通数の
確認ができます。

例えば、今月はどのくらいの費用が掛かるか確認したい場合は、該当の日付を設定することで、その月のSMS通数が確認できます。 通数課金になる為、通数を確認しながらSMS配信をすることが出来ます。


配信レポート機能




≪利用状況確認≫

レポート詳細画面では、確認内容の目的別や利用用途別での配信内容の確認をすることができます。


例)用途①:プロモーションとユーザー認証(本人認証)でSMS配信を利用

Cuenote SMSの管理画面からは、プロモーション施策等でSMS配信を行い、アプリ登録のユーザー認証(本人認証)時にAPIを利用してSMS配信で本人認証を行っている場合、管理画面からのSMS配信とAPIを
使ってのSMS配信では、どちらがどのくらい利用しているかの割合を【API/管理画面の配信割合】確認することができます。
例えば、アプリ登録時のAPI利用が少ないようであれば、アプリ登録が少ないという事にもなる為、「SMS配信を使ってアプリの認知度を高めよう!」といったプロモーション材料にもなります。


配信レポート機能


例)用途②:各部署毎でSMS配信をする

社内でも、「部署毎作業する場所(ワークエリア)を分けて利用したい」「利用費用も部署毎で分けたい」という事があります。
その場合【ワークエリア別の配信通数】画面を確認すれば、部署毎に利用した配信通数が表示されるため、使った分(送った配信通数)の確認ができるため、各部署での請求の割合を決める基準に利用できます。


配信レポート機能



上記以外にも、下記のレポート確認もできます。


≪一斉配信・個別配信の確認≫

Cuenote SMS配信サービスでは、携帯番号のリストを一括で取り込んで一斉配信も出来ますし、1件の携帯番号を登録してその1件のみにSMS配信をすることもできます。
【一斉/個別配信の割合】では、一斉配信と個別配信の割合が確認できます。


≪配信先キャリア別の確認≫

どのキャリアにどれだけSMS配信をしたのか、キャリア別(docomo,au,softbank)に配信通数の確認ができます。


配信レポート機能

SMS(ショートメッセージサービス)の
送信・配信
サービス・システムのTOPページへ

ページの先頭へ