URLクリックカウント機能

配信したショートメッセージ内に記載したURLがどれだけのユーザーにクリックされたかを測定することができます。

クリックカウントを利用する場合は、ショートメッセージ作成画面にてボタン1つクリックするだけで簡単に設定することができます。

ショートメッセージ配信後には、レポート画面にて総クリック数、ユニーククリック数、クリック率、キャリア比率、クリックされた時間帯等の情報を確認することができます。
また、クリックカウントを利用するとURLが変換され短くなるため、配信時の文字数の削減もできますし効果測定も取ることができ一石二鳥です。


URLクリックカウント機能




クリックカウントを使うと分かること

・どれだけのユーザが興味をもったか

URL毎でクリック数、クリック率が分かる為、どのコンテンツに興味を持っているのか等分かります。
また、グラフ上にて時間単位での確認もとれるため、どの時間帯が反応がいいか一目で確認することができるため、次回以降の配信時には最適なタイミングにて配信することで、効果を高めることができます。

詳細レポートデータでは、配信先の電話番号、案内したURL、クリックした時間、IPアドレス、ユーザーエージェント(UA)等、確認することができます。


どれだけのユーザが興味をもったか



・ユーザーがWEBページを確認したか

例えば、督促関連の重要なメッセージを送った場合クリックした人は見ているとみなし、クリックしていない人のみ洗い出しを行い改めてショートメッセージで催促する、といった事に使えます。


ユーザーがWEBページを確認したか




送るURLに自社のドメインを利用したい

クリックカウントURLで独自ドメインを使うことができます。

クリックカウントURLの例


URLクリックカウント機能独自ドメイン




こんなこともできます

差し込みクリックURL


差し込み機能を利用して、ユーザー1人1人に異なるURLを差し込んで配信することが出来ます。

・アクセス分析ツール等と連携させて、ユーザー単位でのサイト流入や行動を見える化


アクセス分析ツール等と連携させて、ユーザー単位でのサイト流入や行動を見える化



・Webアンケート実施時に一意の回答ユーザーと紐づけ、回答率と集計効率を向上


Webアンケート実施時に一意の回答ユーザーと紐づけ、回答率と集計効率を向上


◆ユーザー側・企業側のメリット◆

ユーザー側:個人情報の入力が不要でスムーズに回答いただけるメリット
企 業 側:回答項目の節減、また入力によらず個人情報を取得できるので入力の揺らぎを防ぎ集計効率化


・文字数の削減

クリックカウントを利用すると、URLが変換されるため通常のURLより短くなり文字数の削減にもつながります。


文字数の削減


クリックカウント変換後の文字( URLの先頭部分からのカウント)は、26文字となります。

※注意※
①短縮URLとURLクリックカウントを両方選択された場合の文字数は、URL変換された際の文字数(26文字)となります。


短縮URLとURLクリックカウントの文字数の違い


②独自ドメインをご利用された場合は、ドメイン部分はご利用されるお客様によって文字数の長さが異なる為、変換後の文字数は異なります。

SMS(ショートメッセージサービス)の
送信・配信
サービス・システムのTOPページへ

ページの先頭へ