SMS認証

SMS(ショートメッセ―ジサービス)とは、みなさんもご存じのように携帯番号宛にショートメッセージを送るサービスです。
みなさんが持たれている携帯は、「1携帯1番号」かと思います。稀にプライベート携帯を仕事でも利用する為、1つの携帯で番号を2つ持っている場合もあります。

ユーザーとのコミュニケーション手段としては、メールをはじめLINEのようにアプリ等色々な手段がありますが、最近企業では本人認証としてSMS認証を使うパターンが増えているようです。



SMS認証とは

SMS認証は、携帯番号宛にSMS(ショートメッセ―ジサービス)を使って認証コード(ワンタイムパスワード)を送り、本人認証を行う認証方法です。

SMS認証の基本的な流れとしては、SMS(ショートメッセ―ジサービス)にて「認証コード(ワンタイムパスワード)」をユーザーの携帯番号宛にショートメッセージを送り、送られてきた使い捨てパスワード(認証コード)を画面上で入力する、と言ったのが一般的な使い方になります。



SMS認証を導入するメリット

SMS認証を導入するメリットとしては、やはり「安全性(セキュリティー面)」が高くなるという事です。
これは、ユーザー側にとっても企業側にとっても同様です。


①不正アクセス(ログイン)防止


会員ページへのログイン時、「ID・PWを入力してログイン」が主流かと思います。ですが、情報漏洩や悪意を持った人がログイン情報を入手した場合、簡単に会員ページへアクセスされてしまいます。 ですが、SMS認証を使って2段階認証を行えば、万が一情報漏洩等してまっても不正アクセスを防ぐことができます。


②不正登録を防止


メールアドレスは複数のアカウントを取得することが出来ますが、基本的に携帯番号は「1携帯につき1つの番号」で本人以外が持っているといった事はなため、メールアドレスで本人認証を行うよりSMS認証で本人認証を行う方がより確実な認証方法と言えます。
例えば、チケット販売サイトの会員登録時にSMS認証を使って本人認証を行うことにより、1人1枚もしくは1回しかチケット購入が出来ないため、チケットの「高額転売」を防ぐことができます。

このように、SMS認証を行うことでユーザー側にとっても企業側にとってもメリットがあります。



SMS認証のデメリット

MVNO「格安SIMカード」を利用しているユーザー


MVNO(Mobile Virtual Network Operator)の格安SIMを利用しており「SMS対応SIMカード」を利用されていないユーザーの方や、MVNOの「音声通話はなく通信のみ」で契約されているユーザーは、SMS(ショートメッセ―ジサービス)を利用することが出来ません。
その為、上記のどちらか2つを利用しているユーザーは、SMS認証を行っている画面上で認証コードを発行してもSMSの対応していないため、SMSを受信することができず認証コードが届きません。


音声通話がなく通信のみで番号を持たない契約の場合は下記2点とも対応は出来ませんが、下記2点の方法で企業側もユーザー側も回避する方法はあります。

・SMSオプションを付ける
音声通話付きの格安SIMカードを契約する際に、SMSをオプションで付けることが可能なので、SMSオプションを付けることにより利用することが出来ます。

・IVR(自動音声応答)対応
これは企業側での運用になりますが、SMSで認証コード発行するのではなく「IVR(自動音声応答)」にて認証コードを通知し、本人認証を行うといった事も出来ます。



SMS認証の導入イメージ

例えば、不正アクセスを防止するために会員サイトのページで2段階認証を行った時のフローをご紹介します。



SMS認証





Cuenote SMSのSMS認証について

実際にCuenote SMSにてSMS認証をご利用する場合は、現在ご利用されているシステムとAPI連携をすることで自動連携・配信指示をすることができます。
Cuenote SMSは、RESTful APIを標準で搭載しているため開発も容易にできます。

SMS認証の活用用途としましては、下記のような活用例があります。

 ・サイト会員登録時
 ・スマートフォンアプリダウンロード時
 ・ログインパスワード変更時
 ・個人情報、設定内容変更時
 ・お申込み手続き時

上記の活用用途は活用シーンもご覧ください。

 ◆活用シーン:ユーザー認証を使ってユーザー登録をさせたい



まとめ

安全性・セキュリティー面を高めるため、認証の手段として導入されているSMS認証。この使い方は企業によって様々です。
現在別の手段で本人認証や2段階認証を行っていて、現状に課題を抱えており今以上にセキュリティーを高めたいと考えている企業は導入を検討してみてはいかがでしょうか。
もちろんSMS配信は認証手段だけでなく、一斉配信や個別配信にも利用できます。

 ◆活用方法:アプリやWebサービスの本人認証にSMSを活用

SMS(ショートメッセージサービス)の
送信・配信
サービス・システムのTOPページへ

ページの先頭へ