エラーアドレス同期機能

エラーアドレスの管理がクラスタ構成でも実現。
より高可用性の高い配送処理を行うことができます。



エラーアドレスの同期が可能



メール送信時に、DNSでの名前解決やSMTPの送信時にエラーが出た場合に、そのエラーを記録したり、また、バウンスメールが戻ってきた場合のエラー記録をクラスタ構成で同期できるので、さらに安定した高速配信ができます。

メール配信エンジン・
メールリレーサーバーのTOPページへ

お気軽にお問い合わせください。

東京
03-6820-0515
大阪
06-6131-9960

※電話受付時間は平日の10:00~18:00です。

資料請求・お問い合わせ


メルマガ登録

ページのトップへ