DKIM(送信ドメイン認証)対応

昨今、送信元メールアドレス(From)を偽装した"なりすましメール"によるフィッシング詐欺などが後を絶ちません。

このような「なりすましメール」への対策技術として、DKIM(送信ドメイン認証技術)があります。

「Cuenote SR-S」では、メールの"リレー(転送)"、"API経由のメール配信" どちらにおいても、DKIMの電子署名を付与させることができます。
そのため、お客様システムでのDKIMの電子署名を付与せずとも、DKIMに対応したメールを送ることで、なりすましメール対策を行うことができます。

DKIM(送信ドメイン認証)対応

DKIM(送信ドメイン認証)対応

ページの先頭へ