エラーアドレス同期機能

エラーアドレスの管理がクラスタ構成でも実現。より高可用性の高い配送処理を行うことができます。

エラーアドレスの同期が可能

メール送信時に、DNSでの名前解決やSMTPの送信時にエラーが出た場合に、そのエラーを記録したり、また、バウンスメールが戻ってきた場合のエラー記録をクラスタ構成で同期できるので、さらに安定した高速配信ができます。

ページの先頭へ