SMTPプロトコル【技術解説】

4.7 RSETコマンドとその応答

続けて送信を行う場合などに利用しやすいよう、今までのコマンドをキャンセルするRSETコマンドがあります。メール本文を送ると、From/Toアドレスの情報はいったんクリアされますが、メール本文を送る前にクリアしたい場合などは、RSETコマンドを利用できます。

 RSET
 250 flushed

ページの先頭へ