トランザクションメール(Transactional Mail)

受信者がウェブサイト上で「登録」、「予約」、「購入」等のアクションが完了した際、メール配信システムから自動的に配信される確認・通知メールのこと。具体的には、「注文確認メール」「購入明細通知メール」「会員登録完了メール」などがある。トランザクションメールは、広告・販促を目的とするメールに該当しないため、受信者からオプトインによる同意を得ずに配信することができる。

電子メール送信の最適化に関する法律である「迷惑メール防止法」では、広告・宣伝を目的とする電子メール送信に関して事前に受信者から同意(パーミッション)を得ることを義務付けている。

Transactional Mail(トランザクションメール)



マーケティングメールとの違いとは?

「トランザクションメール」は、顧客がなんらかのアクションを起こしたときに、自動で送られる確認・通知メールで、「マーケティングメール」とは性質が異なる。

「マーケティングメール」とは、自社で保有する顧客リストに対してメール配信を行い、集客やロイヤルカスタマー化を実現するためのマーケティング手法のひとつ。
会員に一斉配信を行う「メルマガ」もマーケティングメールの一部に含まれる。

ただ、厳密にいえば「メルマガ」と「マーケティングメール」も性質が異なる。
「メルマガ」は会員に一斉配信のメールを送るもので、マーケティング活動としては始めるハードルが低く、且つ大量配信を行うということでなければ安価なシステム導入でも済ませることが可能。

しかし、より成果を上げるのであれば「メルマガの一斉配信」に加え、「マーケティングメール」の活用も重要。マーケティングメールとは、メールの効果を最大化し、現在のトレンドともなっているパーソナライズ配信のことを指す。
配信リストに登録されている顧客の属性ごとに最適なコンテンツを送り分けることで、顧客の開封・クリック・コンバージョン率を向上させることができる。
※マーケティングメールの詳細は下記のブログ記事を参照。

参考記事:メールマーケティングとは? 最初に行うべきこと

ページの先頭へ