SPF(Sender Policy Framework)

なりすまし・迷惑メール対策として、IPアドレスを利用して受信したメールの送信元が詐称されていないかどうかを確認することができる標準的な送信ドメイン認証技術の一つ。

SPFを設定しない場合、送信したメールがスパムとしてブロックされ、受信者にメールが届かなくなるリスクが生じる。

SPFの他に同じくIPアドレスを利用するものには、Sender IDがある。

Authentication-Results:ヘッダーの意味
送信元が詐称されていないかどうかの認証結果は、受信メールのヘッダーに記述される。ただし、ヘッダーの内容や意味はバージョンなどにより異なる場合がある。

SPF

ページの先頭へ