メール配信に関する用語

オプトイン(Opt-in)

オプトインは、契約の際に使われる用語で、組織が個人情報を収集したり利用したりする場合、事前に本人の許可が必要であることを意味する。

メール配信におけるオプトインは、メルマガのように同じ時間に多くの人に送る一斉配信メールを受け取る手続きの際に利用され、受信者より、「○○のメールを購読する」という同意(パーミッション)を得ることを指す。

同意を得る方法は、シングルオプトイン、ダブルオプトイン(クローズドループオプトイン)の2種類があり、ダブルオプトインは、登録したメールアドレスに送られてきたメールをクリックした時点で登録が完了する仕組みである。
一方、許可を得ていないメールは、未承諾(Unconfirmed opt-in)メールと呼ばれスパムとみなされる。

日本においては、迷惑メール防止法と呼ばれる「特定電子メール法」と「特定商取引法」において、共通事項としてオプトインが義務づけられており、同意の取得記録を保管する必要がある。

ページの先頭へ