クリックカウント【技術解説】

クリックカウントについて

Cuenote FCでは、ユーザーがメールのリンク(URL)をクリックしたことを測定する機能。

この機能を使うことによって、メールの中のリンクがどのくらいクリックされたのか、またクリックしたユーザーは誰なのかを確認することができます。

例)https://www.cuenote.jp/
→ http://demo.asp.cuenote.jp/c/avjsBjB1c39QtRaz

置き換えられたアドレスには、どのメールのどのリンクなのか、どのメールアドレス向けに送信されたメールなのか、といった情報が短い文字列に変換されて格納されています。

メールを受信したユーザーがURLをクリックすると、Cuenoteサーバーはクリックがあったことを記録すると同時に、本来のURL(上記では https://www.cuenote.jp/)にリダイレクトします。

この機能を使うことによって、メールの中のリンクがどのくらいクリックされたのか、またクリックしたユーザーは誰なのかを確認することができます。

≪関連情報≫
●クリックカウント機能など、Cuenote FCの効果測定/レポート機能についてはこちらをご覧ください。

ページの先頭へ