4.7 RSETコマンドとその応答

続けて送信を行う場合などに利用しやすいよう、今までのコマンドをキャンセルするRSETコマンドがあります。メール本文を送ると、From/Toアドレスの情報はいったんクリアされますが、メール本文を送る前にクリアしたい場合などは、RSETコマンドを利用できます。

 RSET
 250 flushed

SMTPプロトコル一覧へ

お気軽にお問い合わせください。

東京
03-6820-0515
大阪
06-6131-9960

※電話受付時間は平日の10:00~18:00です。

資料請求・お問い合わせ


メルマガ登録

ページのトップへ