配信レポート機能

配信結果をグラフ形式のレポート画面で確認できます。
メールの効果を高めるためには、配信後の検証を行い、改善を繰り返し行っていくことが大切です。

≪配信結果≫

「配信結果」では、実際に届いたメールと届かなかったメールの数が確認できます。
PC、スマートフォン、携帯、それぞれのデバイス別に、集計結果が一目で分かります。また、メールの種別(HTMLメール/テキストメール)ごとの配信結果も分かります。

配信レポート機能


≪開封結果≫

開封結果は、画像リンク型のHTMLメールを配信した場合のみ取得することができます(※)。
※参考 https://www.cuenote.jp/library/marketing/smp-mail-open.html

例えばHTMLメールを配信した際、開封された(読まれた)端末がPCなのかスマホなのか携帯だったのかを確認します。配信レポート上の情報をグラフィカルに把握できますので、スマホでの閲覧の割合が多いのであれば次回からスマホ向けの読者に見やすいコンテンツ作成を意識するなど、施策に役立てることが可能です。

≪クリック結果≫

受信者が、そのメールの内容にどのくらい興味を示したかの指標です。

PC、スマートフォン、携帯、それぞれのデバイス別のクリック結果が分かります。また、メールの種別(HTMLメール/テキストメール)ごとの結果も分かります。メールの中に、クリックするURLが複数あった場合も、そのURLごとの結果を確認することができます。

配信レポート機能


≪時間推移の結果≫

さらに、メールを配信した後の受信者の反応を、72時間もしくは30日のスパンで確認できます。
「開封」、「クリック」、「コンバージョン」の結果が分かります。

メールの効果は、件名の良し悪しや配信するタイミング(時間帯や曜日)によって左右するので、レポートを踏まえて、改善を重ねることができます。

配信レポート機能

配信レポート機能の測定結果は、CSV形式でダウンロードすることもできます。



配信結果はメルマガごとにレポートとして確認が出来ますので、例えばキャンペーン期間内に配信されたメルマガだけを効果測定し、検証することも可能です。

ステップメールも施策単位に横断した測定結果を閲覧・管理することができます。

ページの先頭へ