配信レポート機能

配信結果をグラフ形式のレポート画面で確認できます。
メールの効果を高めるためには、配信後の検証を行い、改善を繰り返し行っていくことが大切です。

≪配信結果≫

「配信結果」では、実際に届いたメールと届かなかったメールの数が確認できます。
PC、スマートフォン、携帯、それぞれのデバイス別に、集計結果が一目で分かります。また、メールの種別(HTMLメール/テキストメール)ごとの配信結果も分かります。

配信レポート機能


≪開封結果≫

開封結果は、画像リンク型のHTMLメールを配信した場合のみ取得することができます(※)。
※参考 https://www.cuenote.jp/library/marketing/smp-mail-open.html

≪クリック結果≫

受信者が、そのメールの内容にどのくらい興味を示したかの指標です。

PC、スマートフォン、携帯、それぞれのデバイス別のクリック結果が分かります。また、メールの種別(HTMLメール/テキストメール)ごとの結果も分かります。メールの中に、クリックするURLが複数あった場合も、そのURLごとの結果を確認することができます。

配信レポート機能


≪時間推移の結果≫

さらに、メールを配信した後の受信者の反応を、72時間もしくは30日のスパンで確認できます。
「開封」、「クリック」、「コンバージョン」の結果が分かります。

メールの効果は、件名の良し悪しや配信するタイミング(時間帯や曜日)によって左右するので、レポートを踏まえて、改善を重ねることができます。

配信レポート機能

配信レポート機能の測定結果は、CSV形式でダウンロードすることもできます。

ページの先頭へ