1. Cuenote
  2. メール配信システム・メルマガ配信サービス
  3. ブログ・各種資料
  4. マーケティングブログ
  5. Gmailが送信できない?届かない原因と対処法を詳しく解説!

Gmailが送信できない?届かない原因と対処法を詳しく解説!

公開日:2023/07/14  更新日:2024/02/16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
gmail-notsend.gif

Gmailは、無料でプライベートやビジネスのメールとして利用できる便利なフリーメールの一つです。 しかし、送信制限やスパムフィルターによって、メールが送信できない場合があります。

本コラムでは、Gmailでメールが送れない原因と解決策について詳しく解説します。

【2024年2月】Gmail送信者ガイドライン更新!メルマガ担当者は要注意

【2024年2月】Gmail送信者ガイドライン更新!メルマガ担当者は要注意


Cuenote FCで成果が見える
メールマーケティングを
Cuenote FC - Cuenoteシリーズ契約数2,200以上、続率99.6%(業界最高水準継/2021年1月~12月実績)

Cuenote FCはハイスピードな大量配信を得意としながら、効果測定や自動処理も可能で大手企業にも選ばれるメール配信システムです。メールマーケティング機能も豊富で、配信数上限はなく送り放題です!

詳しくはこちら »



メール送信者側に原因があるケース

メールアドレスが間違っている

もっとも初歩的な原因ですが、メールアドレスの誤りに気付かずに送信しようとしていたというケースは多くあります。 また、似たようなメールアドレスを利用している全く別の人にメールが届いてしまうということもあります。 メールアドレスの誤りは、情報の漏洩にもつながりかねないため、送信前によく確認するようにしましょう。

よくある間違いとして「.」を「,」と間違えて入力していたり「l(エル)」と「i(アイ)」を間違えたり、「_」と「-」を間違えている可能性もあります

添付ファイルの容量が大きすぎる

Gmailでは、1つのメールで最大25MBの添付ファイルを送信することができます。 25MBを越えてしまうと、自動的にGoogleドライブ上に添付ファイルが保存され、その共有URLがメールに記載されるようになりますが、 Googleドライブに25MB以上の空き容量がないと、メールは送れなくなる可能性が高くなってしまいます。 もし、大容量の添付ファイルを送信したい場合は、Googleアカウントのストレージを整理する、ファイルを圧縮するなどの措置をとってメールに添付しましょう。

インターネット接続状況が悪い

利用しているブラウザの不具合がある場合も、メールが送れなかったり送るのに時間がかかることがあります。再度ページの読み込みを行うか、別のブラウザでGmailを開き再度試してみるのも良いでしょう。 しかし、受信はできているという場合はインターネット接続が原因ではない可能性も高いので、この点も注意して見るようにしてみてください。

Gmailの送信者ガイドラインに対応していない

2024年2月から、メルマガなど事業側が一斉送るメールに対してのガイドラインが更新されました。 送信者側にてなりすまし防止のためにSPF/DKIMなどの認証設定など、ガイドラインに適応していない場合に正しく届かない場合が考えられます。

【2024年2月】Gmail送信者ガイドライン更新!メルマガ担当者は要注意

【2024年2月】Gmail送信者ガイドライン更新!メルマガ担当者は要注意

メール受信者に原因があるケース

受信者側で迷惑メール設定をしている

受信者に迷惑メール設定をされていると、迷惑メールフォルダに振り分けられてしまい、メインの受信フォルダには届きません。 もし、同じ相手に対して複数のメールアドレスを所有している場合は、そちらのメールアドレスからメールを送ってみましょう。 電話番号を知っている場合はSMS(ショートメッセージサービス)を送るのも確実です。 また、相手が間違えて迷惑メール設定をしている可能性もあるため、その場合は確認してほしい旨も同時に送るようにしましょう。

受信フォルダに空き容量がない

受信者側のGoogleアカウントの容量が15GBを超えている場合、メールを受信できない可能性があります。 このような場合、相手のGoogleアカウント上では「容量がいっぱいである」旨のアラートは表示されますが、普段あまりGmailを使用しない場合は気付かないケースもあります。

Gmailの容量について詳しく知りたい方は、こちらの記事https://www.cuenote.jp/library/marketing/gmail-strage.htmlも参考にお読みください。

その他

サーバーの不具合

Googleのサーバーが不具合を起こしていると、メールの受信ができないケースがあります。 明確な確認方法などはありませんが、検索エンジンから「Gmail 不具合」や「Gmail 送れない」などと検索すると、 同様の状況下にあるユーザーのSNS上の投稿を見れたり、ニュースとして取り上げられている可能性があります。 そこでサーバーの不具合だと判明した折には、サーバーが復旧するまで、しばらく待つようにしましょう。

送れない原因を確認する方法

エラーメールの内容を確認する

メールアドレスが間違っている場合

たとえば、返信されてきた英語のメールの文面に、

・The email account that you tried to reach does not exist.

・unknown user

という文がある場合、宛先のユーザ名(@より前)が間違っている可能性があります。 また、返信されてきた英語のメールの文面に、

・DNS Error: Domain name not found

・Host unknown

という文がある場合、宛先のドメイン名(@より後ろ)が間違っている可能性があります。 このような場合は、宛先のメールアドレスを修正して、メールを再度送信してみて下さい。

添付ファイルの容量が大きすぎる

返信されてきた英語のメールの文面に、

・Message size exceeds fixed limit

・Message size exceeds maximum value

などと書かれている場合、相手側が受け取れるファイルサイズの容量に対して、送信しようとしているメールの添付ファイルのサイズが大きすぎるために、メールが送信できなかった可能性があります。 そのような場合は、写真の画質を落としたり、複数のファイルを送る場合、メールを分割して送るなどしてみてください。


まとめ

本記事では、Gmailが送れない場合の原因と対処法を【送信者側に原因がある場合】と【受信者側に原因がある場合】に分けて解説しました。 前述の通り、Gmailが送れない場合の対処法は、原因がどこにあるかによって異なります。 エラーメッセージ別の原因についても紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

メール配信システム・メルマガ【Cuenote FC】 キューノート エフシー

メール配信システムCuenote FC(キューノートエフシー)は、会員管理やメール配信後の効果測定をグラフィカルに表示。システム連携用APIなども提供しており、一斉配信からメールマーケティングまで行えます。独自開発のMTA(配信エンジン)とノウハウで、月間のメール配信数76億通・時間1,000万通以上(※)の高速配信を実現し、スマートフォンや携帯にもストレスなく高速・確実にメールを届けます。 ※クラウド型サービス(ASP・SaaS)の実績値

メール配信システム・メルマガ配信サービス【Cuenote FC】について詳しく見る >>

この記事の著者

佐藤 日和
飲料系流通大手にて、購買データ分析を基軸とした販売・マーケティング戦略の策定に携わる。 ユミルリンク入社後はWebマーケティング担当として、広告施策やコンテンツ制作等を担う。 自身がメールマガジンを配信していた経験から、「実務に則したわかりやすい記事」を心掛けています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の運営企業

東証グロース上場のユミルリンク株式会社は、18年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

Cuenoteシリーズの導入に関して
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください

ユミルリンク株式会社
受付時間 平日 10:00〜18:00
ページの先頭へ