HTMLメールとは?テキストメールとの違いや特徴を解説

公開日:2021/05/20  更新日:2024/02/17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HTMLメールとは?テキストメールとの違いや特徴を解説

皆さんはHTMLメールとテキストメールの違いや特徴を理解していますか?
メールマーケティングの進化に伴いメルマガの形式もよりリッチなコンテンツに変化してきています

この記事では、2023年最新のメール形式事情やHTMLメール、テキストメールの違いや特徴、それぞれのメリット・デメリットも含め解説していきます。


Cuenote FCで成果が見える
メールマーケティングを
Cuenote FC - Cuenoteシリーズ契約数2,200以上、続率99.6%(業界最高水準継/2021年1月~12月実績)

Cuenote FCはハイスピードな大量配信を得意としながら、効果測定や自動処理も可能で大手企業にも選ばれるメール配信システムです。メールマーケティング機能も豊富で、配信数上限はなく送り放題です!

詳しくはこちら »


HTMLメールとは?形式の特徴は?

 HTMLメール・テキストメールの形式の違いについてHTMLメールとはWebページを作成するために開発された言語(Hyper Text Markup Language)で作成されたメールです。

HTMLメールでは、文字のフォントや色・大きさを変えることができるだけでなく、画像や動画を入れるなどデザイン性、表現力の高いメールを作ることができます

デザイン性が高いメールなので、文字だけでは表現できない視認性が良い訴求ができます。

例えば具体的な例を挙げるとテキストリンクより、クリックされやすくなる画像リンクボタンを設置できるのもHTMLメールの特徴です。

テキストメールとは?形式の特徴は?

 HTMLメール・テキストメールの形式の違いについてテキストメールとは、文字だけで構成された一般的なメールの形式です。

各国の規格で決められた「識別番号」が付いていて、この識別番号を、「文字コード」と呼び、「文字コード」だけを使って作った文章のことを「テキスト」と呼んでいます。

日常的に使用している個人間メッセージのやりとりではこのテキストメール形式が主流だと思います。

テキスト形式のメルマガも見たことがあると思いますが、点線や段落分けなど工夫をして使って作成することで見やすいテキストメールもあります。

HTMLメール形式のメリット

視覚的な訴求ができるため、商品内容が伝わりやすい

HTMLメール形式の最大のメリットは、テキストメールと大きく異なり、色や画像・動画を組み合わせて作成ができるので視覚的な訴求ができます。

テキストメールと比較して、デザイン性高く訴求できるのがユーザー側(顧客)の視点からも見やすい印象となります。静的な画像だけではなく、動的な映像やアニメーションも組み合わせられるので幅広いリッチコンテンツを制作することが実現できます。

商品があるものなど、画像で見せたほうが良いビジネスをされている場合のメルマガは特に効果を発揮します。

開封率など効果測定ができるから、改善できる

HTMLでは開封率を取得することができます。
HTMLメールの場合は、メール内に埋め込まれている画像が読み込まれた数をサーバー側でカウントすることで集計しています。そのため、画像を埋め込むことができないテキストメールでは集計することができません。

開封率は、メールのタイトルが読者にとって魅力的かを判断する指標になります。どんなに中身が良くても開封されなければ意味がありません。率をもとに改善していくことでより効果的なメール配信を行えます。

HTMLメール形式のデメリット

専門知識が必要な「場合」がある

HTMLメールは、HTMLというプログラムコードを記載する必要があるため、基本的には専門知識を求められます。 またパソコンやスマートフォンなど受信者の環境によって見え方が変わりますので、気を付けるべき点もあります。

ただし、当社が提供するCuenoteFCを始めとするメール配信システムでは、専門知識不要で各環境に適したHTMLメールを作成できる「HTMLエディター」と呼ばれる機能が備わっています。

メルマガなどメールマーケティングを行う場合は、メール配信システムの導入をオススメします。

HTMLメールを開けない・開いてもらえない場合がある

HTMLメールは、画像の読み込み等でデータが重くなり、通信量が増えることが多いため、受信者によっては画像の読み込みを拒否されてしまうケースもあります。またそもそもHTMLメールに対応していないメールソフトを使用している場合もあります。

開封率があまりにも低下するなどの場合は、HTMLメールは適していない可能性があります。


関連記事

HTMLメールはツールの利用が主流

HTMLメールの送り方としてメール配信ツールを利用すると、コーディング知識不要のHTMLエディターが搭載されていることが多いのでメール配信ツールを提供している各メール配信ベンダーを確認してみると良いです。

ほとんどのメール配信ツールベンダーが提供しているHTMLエディターは、ドラッグアンドドロップの操作でHTMLメールが作成可能です。

メール配信ツールベンダーに無料トライアルを申し込んで実際に手を動かしてみるのをオススメいたします。

HTMLメールは迷惑メールになりやすい?

テキストメールよりHTMLメール形式の方が迷惑メールに振り分けられる可能性も高いのがデメリットとしてあげられます。

HTMLメールが迷惑メールに振り分けられやすい理由は、スパムメールを送っている悪意のある業者が、HTMLメールの開封確認機能を悪用していたからです。
HTMLメール≒スパムメールという認識が今なお強く残っているため、迷惑メールに振り分けられる可能性が高いということです。

しかし、大手企業がHTMLメールを利用するようになり、信頼性の高いHTMLメールが増えてきました。受信や送信の機会が増えたことにより、以前よりHTMLメールが迷惑メールとして振り分けられにくくなっています。

このような事情もありますが、ドメイン認証などの迷惑メールに振り分けられないための対策を行うことが最善な方法と言えるでしょう。

関連記事

テキストメール形式のメリット

簡単に作成することができる

ビジネスメールの場面でも使っている方も多いのでイメージがつきやすいと思いますが特別に専門的な知識もなくメールが作成できる点です。

普段文字だけのメールを作成するのと同じで誰でもすぐに作成ができます。長々と文章を書くというより端的に伝えたい内容を書く方が効果的と言えるでしょう。

多くの環境で問題なく受信できる

閲覧環境による表示のズレがなく、容量の重いファイルを添付しなければメール自体の重さも軽いため、多くの環境で問題なく受信することができます。

受信者がスマートフォンでもフューチャーフォンでも表示のズレはそこまでなく一斉送信の際にも表示ズレを気にする必要がありません。
しかし、受信者のデバイスによって一行に表示できる文字数の違いはあるため、見易さを求める際には改行をする文字数だけ考慮するとよいでしょう。

テキストメール形式のデメリット

視覚的訴求ができない

テキストのみなので、文字色や背景色、画像を使った視覚的な訴求ができない点がデメリットです。
テキストでの装飾は、記号や段落分けのみであるため視覚的訴求には限りがあります。

メルマガを配信するうえで、重要なKPIにもなる自社WEBサイトへの誘導もテキストリンクですと誘導しにくい点もあげられます。

効果測定がしにくい

テキストメールでは、HTMLメールと違い画像を入れることができないため開封率の測定ができません。そのため、クリック率のみで効果測定をする必要があります。

クリック率のみの測定では件名やプリヘッダーテキスト(件名の下に出てくる要約文)が開封に寄与しているかどうかを測れないため、PDCAのサイクルを回せないという点が大きなデメリットになります。

HTMLとテキストメールどちらが使われているか?

個人間のメールのやり取りでは、テキスト形式がほとんどとなりますが、2023年現在メールマガジン(メルマガ)ではHTMLメール形式が主流となってきています。

HTMLメールの利用比率

上の画像でも分かる通り当社のメルマガ調査で、国内EC売上トップ50位のメルマガ配信統計によると、HTML形式でのメール配信が91%にものぼります。

HTML形式のメールはBtoCのイメージがありますが、コロナの影響で営業の手法に変化があり、BtoB事業でもHTML形式でのメール配信が増えてきています。

対面での営業活動が難しくなってきて、メールマーケティングが再注目されています。

実際に当社のシステムを導入頂いている企業様もHTML形式のメールを配信することでお問い合わせ件数が2倍になったという事例もあります。

導入事例

テキストメール形式の需要がなくなったわけではなく、スマホの普及も伴ってHTMLメールの活用が広がったことも考えられます。

それぞれにメリット、デメリットがあるので一概にどちらが良い。と断言はできませんが、テキストメール・HTMLメールそれぞれの特徴を理解して使い分けるのが良いでしょう。


メール配信システムとは

テキスト・HTMLメールを出し分けるマルチパート配信を心がける

マルチパート配信とは、テキストメールとHTMLメールを用意しひとつのメールとして送る方法のことです。

メールの受信環境は人それぞれ異なるので受信ユーザーの環境に合わせて配信を分けることで正しくメールが表示されます。

普段使用しているメールソフト(OutlookやGmailが有名です)でマルチパート配信を行うことはかなり難易度の高い技術となるので、マルチパート配信を行う際は、メール配信システムを利用することを推奨します。

HTMLメール形式が普及されてきているのは確かなのですが、BtoBではHTML形式を受信できない環境もまだまだ多くあるのでマルチパート配信を行いましょう。

テキスト・HTMLメールを出し分けるマルチパート配信

まとめ

今回はテキストメールとHTMLメールの特徴や最新のメール形式情報についてご紹介しました。

一般的にクリック率はHTML形式の方が高いと言われていますが、それぞれ配信内容に合わせてメールの形式を使い分けるようにするのが良いでしょう。

この記事以外にも、メールマーケティングやメルマガ配信のことについても紹介していますので是非、関連記事の方も読んでみてメール配信に関しての見直しのきっかけになれば幸いです。


メール配信システム・メルマガ【Cuenote FC】 キューノート エフシー

メール配信システムCuenote FC(キューノートFC)は、会員管理やメール配信後の効果測定をグラフィカルに表示。システム連携用APIなども提供しており、一斉配信からメールマーケティングまで行えます。独自開発のMTA(配信エンジン)とノウハウで、月間のメール配信数60億通・時間1,000万通以上(※)の高速配信を実現し、スマートフォンや携帯にもストレスなく高速・確実にメールを届けます。 ※クラウド型サービス(ASP・SaaS)の実績値

メール配信システム・メルマガ【Cuenote FC】について詳しく見る >>


この製品に関してのお問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の運営企業

東証グロース上場のユミルリンク株式会社は、18年以上にわたり、メール配信システムをクラウドサービス・ソフトウェアとして提供し、メールに関する専門的な技術や運用ノウハウを蓄積してきました。
メール以外にも、SMS配信サービスWEBアンケート・フォームシステムもクラウドサービスとして提供しています。

Cuenoteシリーズの導入に関して
ご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください

ユミルリンク株式会社
受付時間 平日 10:00〜18:00
ページの先頭へ