1. メールマーケティングはCuenote
  2. 活用シーン
  3. オプトアウト・購読解除を低減したい

オプトアウト・購読解除を低減したい

解決したい課題

  • 過度なメール配信を抑制したい
  • 送信通数・頻度をコントロールしたい

適切な配信頻度で、顧客エンゲージメントを維持・向上

 メールを含むデジタルマーケティングの活用が進んだことで、1人当たりが受け取る情報量は飛躍的に増大しています。また、メールマーケティングにおいても複数のブランド・サービスを手掛ける事業者や同時に多数のメールキャンペーンを実施するケースが増えたことで、メール配信通数のボリュームも大きくなっています。

  タイムリーな情報発信を積極的に行っていきたい一方で、過度なメールコミュニケーションが受信側のエンゲージ低下を招き、オプトアウト(購読解除)の一因となる場合もあります。

フリークエンシー機能

「期間」と「通数」を指定するだけで、配信頻度を自動制御

フリークエンシー機能のもたらすメリット

 Cuenote FCの標準機能である「フリークエンシー機能」を活用し、一定期間内におけるメール配信の件数を自動でコントロールすることで、運用負荷を抑えながら過度なコミュニケーションを防げます。

関連する機能
関連する利用シーン

関連製品

  • メール配信システム

その他の活用シーンを見る一覧を見る

ページの先頭へ