1. スマートフォンや携帯にメールを送る

スマートフォンや携帯にメールを送る

解決したい課題

  • モバイルユーザー向けにHTMLメールを配信したい
  • メールを受信しているスマートフォン端末を判別したい
  • スマートフォン向けにメールを送りたい

主流はスマートフォン

メール配信に限らず、インターネットのデバイスはスマートフォンに移行しつつあります。株式会社D2Cが2014年3月に実施した「パソコン、スマートフォンによる生活者のインターネット利用動向調査」によると、外食や化粧品の情報収集にインターネットを利用する人のうち、18~19歳の女性では、57.1%がスマートフォンを利用しています。
出典:生活者の購買行動におけるインターネット利用動向調査(D2C調べ)


スマホのHTMLメールは、リンク型/添付型の送り分けが必要

スマートフォンでは、HTMLメールを受信することができ、携帯キャリアのメールアドレス(@docomo.ne.jpなど)と携帯キャリア以外のメールアドレス(@gmail.comなど)の双方を受信することができます。

実は、スマートフォンの携帯キャリア宛てにHTMLメールを送る場合は、端末によって、表示できるHTMLメールの形式が異なることを考慮する必要があります。
スマートフォンの端末には、HTMLメールの画像を"リンク型で送っても表示できる端末"と"添付型で送らないと表示できない端末"の2種類があるからです。

スマートフォンや携帯にメールを送る

ユーザーエージェントによる端末識別とコンテンツ自動出し分け

スマートフォンの普及により、今や、メールアドレスによる端末の識別は困難な時代となりました。

そのため、ユーザーエージェント情報をもとに端末を識別し、リンク型/添付型でメールを送り分ける必要があるのです。

Cuenote FCでは、メールの開封、クリックやコンバージョン時にユーザーエージェント情報(端末情報)を取得し、ユーザーエージェントによるメールの出し分けを自動化することができます。

スマートフォンや携帯にメールを送る

独自の配信エンジンとノウハウで、スマホや携帯も高速・確実に配信

メール配信システムCuenote FCでは、キャリアごとに異なる特性に併せて、迷惑メールとならないよう、自動的に最適なメール配信を行います。
また、月間配信数34億通の配信実績があるため、キャリアの動向が変わった場合でも、日々調査と解析を行うことで、メール配信ロジックを最新の状態に維持できるため、高速・確実なメールを送ることができます。

スマートフォンや携帯にメールを送る

時間300万通のスピード(実績値)


関連製品

  • メール配信システム

ページの先頭へ