1. RFM分析で優良顧客に育てる

RFM分析で優良顧客に育てる

解決したい課題

  • 見込み顧客を優良顧客に引き上げたい
  • 商品カテゴリ毎に購入金額や購入回数を集計、分析したい
  • 休眠顧客をアクティブにするメール施策をしたい

顧客の購買履歴から最新購買日(Recency)、購買頻度(Frequency)、購買金額(Monetary)、3つの要素を使い優良顧客や見込み顧客、休眠顧客などに分類し、顧客分類に応じたメールマーケティング施策を行えます。

RFM分析に必要な購買データは、お持ちのデータベースなどから用意します。その購買データをCuenote FCへ取り込みCuenote FCにてデータ分析を行います。分析した結果よりターゲットを選択し、Cuenote FCのアドレス帳へデータを自動で取り込みメール配信することもできます。

RFM分析での優良顧客育成概要


ケース①:お客様のランク(プライオリティ)ごとに施策をしたい

購入金額や購入頻度をもとにお客様を分類し、ランク(プライオリティ)をつけることが出来ます。
そのランク(プライオリティ)の内容を把握して、そのお客様にあった施策を行うことが出来ます。

RFM分析でのプライオリティ付け施策

ピンクで色付けされている分が、直近で購入され、かつ購入金額が高いお客様になります。
この対象者のみにシークレットセールや先行販売などの施策メールを送ることができます。

上記は金額ですが、横軸を購入回数にして分析することも可能です。ケース②をご参照ください。

ケース②:最近購入していない(休眠顧客)へアプローチをしたい

ケース①とは真逆の対象者に対してメール配信をおこない、休眠顧客から一般顧客への引き上げを行う施策もできます。

RFM分析での休眠顧客施策

関連製品

  • メール配信システム

その他の活用シーンを見る一覧を見る

ページの先頭へ