1. メールの遅延を解消

メールの遅延を解消

解決したい課題

  • 既存の配信エンジンの性能を高めたい
  • 受信ブロックを回避して携帯向けに確実にメールを届けたい
  • トランザクションメールを遅延なく送りたい

業務・運用フローはそのままで配信トラブルを改善できる

携帯向け一斉配信は、キャリア側のスパム対策によって受信ブロックや遅延などを受けやすく、その原因や理由を調査するのも容易ではありません。受信者からメールが届いていないことを知らされ、送ったはずのメールが届いていなかったことを初めて知る担当者も少なくありません。

メール配信システムが大量・高速配信を考慮して開発されていない場合、メール会員が増えてしまうと、「配信に時間がかかるようになった」、「メールが不達・遅延するようになった」というようなトラブルが発生しがちです。

しかし、新しくメール配信システムを導入して、運用・業務フローを組み直すことは、担当者にとって大きな業務負担となります。また、既存システムとメールサーバーが連携している場合は、システムの乗り換えが容易ではないことがあります。

メールリレーサーバーは、既存のメール配信サーバーからのメール送信を中継するため、メールに関わる運用・業務フローを変えることなく、メールの配信性能を高めることができます。さらにこのメールリレーサーバーは、ISP毎に仕様が異なるバウンスメール(エラーメール)を解析し、届く可能性がないメールアドレス(エラーアドレス)を管理し、クリーニング配信することもできます。

ユミルリンクが開発したリレーサーバーCuenote SR-Sは、ISP毎に配信制御を行うなど、メール送信に関わる専門的なノウハウや技術によってメール配信を効率化し、携帯向けに大量配信する場合も未達や遅延、受信ブロックを回避することができます。

トランザクションメールを遅延なく送ることができる

既にECシステムや会員システム等をお持ちの場合は、リレーサーバーCuenote SR-Sをトランザクションメールの送信にお使いいただくことができます。

トランザクションメールとは、例えば、ECサイトなどで商品を購入した後に届く、「購入確認メール」や「入金確認メール」、「発送完了メール」など、自動的に送られる通知メールのことです。トランザクションメールを迅速に確実に届けることは、サービスの品質向上にもつながります。

また、Cuenote SR-Sは、メール添付や条件別に関連した情報をメール本文へ差し込むこともできます。さらに、携帯向けにも絵文字入りのHTMLメールを配信することができるため、トランザクションメールを活用してクロスセル・アップセルを促すこともできます。

関連製品

  • メールリレーサーバー

ページの先頭へ