1. カゴ落ち商品のリマインドメールで、ECの売り上げ機会損失を低減

カゴ落ち商品のリマインドメールで、ECの売り上げ機会損失を低減

解決したい課題

  • カート放棄など、売上機会損失の対策(リテンション施策)をしたい
  • リマインドメールを簡単に自動化したい
  • スマホ・ガラケーに効果の高いリマインドメールを送りたい

ECサイトのカゴ落ち発生率は、実に6割以上(※)


ECサイトのカゴ落ち発生率は、実に6割以上

カゴ落ち(カート放棄)とは、ECサイトなどにおいて買い物カゴに入れられた商品が何らかの理由で決済に至らず、そのまま放置されることを指します。カゴ落ちが発生する理由は様々ですが、多くは送料や決済システムの不足、また他のモールとの比較検討などでサイトを離脱してしまうことなどが挙げられており、ある調査ではカゴ落ちの発生率は6割以上とも言われ、多くの機会損失が発生しています。

(※)出典:41 Cart Abandonment Rate Statistics - Baymard Institute



カゴ落ちメールの配信を自動化して、顧客単価アップ

カゴ落ちメールの配信を自動化して、顧客単価アップ


Cuenote FCの「カートリマインド」機能を利用することで、カゴ落ち状況の把握からリマインドメールの自動化、効果測定が簡単に行えます。配信設定は指定のJavaScriptを自社サイトに埋め込むだけの簡単設定。あとは管理画面から配信タイミングを指定するだけで、自動的にリマインドメールが送信されます。キャリアアドレスにも対応したHTMLメールで送信可能。最大5点までカゴ落ち商品の情報をメール内に含められます。
送った効果、リカバリーされた金額や率は効果測定画面で確認可能。また分析ツールを使って、商品毎のリカバリー状況を分析できます。カートリマインド機能を活用して、高い効果の見込めるカゴ落ち施策を自動化、顧客単価の向上に繋げましょう。

関連製品

  • メール配信システム

その他の活用シーンを見る一覧を見る

ページの先頭へ