分析ツール

分析ツールを使えば、「購買データ」「顧客データ」「メールの行動データ」など、さまざまなデータをGUI上で集計・分析し、顧客のターゲットに応じたメールマーケティングを容易に実行することが可能となります。

データを自動・高速で分析し、次のアクションに繋げる


RFM分析で顧客を分類し、優良顧客に育てる


RFM分析とは、最新購買日(Recency)、購買頻度(Frequency)、購買金額(Monetary)、3つの要素を使い優良顧客や見込み顧客、休眠顧客など、顧客をグループ化し、それぞれのグループ特性に対してマーケティング施策を行う方法です。

RFM分析のイメージ

RFM分析を行うことで、例えば、下記のようなメールマーケティング施策を行うことができます。

  • 一般顧客(最近購入はあるが、購買頻度が少ない顧客)に対して、優良顧客へ引き上げるキャンペーンを実施
  • 休眠顧客(購買頻度や購買金額も高いが最近購入していない顧客)に対して、再訪してもらうためのキャンペーンを実施

メールの行動分析(開封、クリック、コンバージョン)に応じて施策を行う


複数のキャンペーンを横断して、メールの行動データ(開封、クリック、コンバージョン)や顧客データ(性別、居住地などの属性情報)などを組み合わせ、分析からターゲットの抽出までをGUI上で簡単に行えます。

「過去2回のメールキャンペーンで反応した顧客に対して、特別なオファーを送る」「特定のキャンペーンメールでクリックしていないユーザーに対して、オファーの内容を変えたキャンペーンを実施する」「購入したユーザー(コンバージョンしたユーザー)に対して、アップセル施策を行う」など、さまざまな施策を簡単に実施できます。

メールの行動データからターゲティング

ページの先頭へ