デバイス別自動配信

メールアドレスによるメールの受信デバイスを見分けることはできず、各デバイスに最適なメールコンテンツを送るには、ユーザーエージェントによるデバイス別の送り分けが必要となります。


デバイスごとに最適なメールコンテンツを自動配信

メール配信システムCuenote FCは、ユーザーエージェント情報をもとにメール受信デバイスを判別し、デバイスに最適なメールコンテンツを自動で出し分けて配信することができます。


デバイス別自動配信


1回の予約操作で3デバイスへのメール配信が可能

デバイスに応じて、最適なメールコンテンツを用意する場合、PC、スマートフォン、携帯それぞれで、最大3パターンのコンテンツを用意するケースがあります。

しかし、そのような場合、従来の仕組みだと、「PC向けは、 PC用のコンテンツで、PCユーザーに対して、メールを配信」、「スマートフォン向けは、 スマートフォン用のコンテンツで、スマートフォンユーザーに対して、メールを配信」するなど、1つのメールを配信するのにデバイス別に最大3回(レスポンシブメールであれば、2回)の予約操作が必要となり、操作担当者の負荷は増すばかりでした。

Cuenote FCなら、デバイス別にメールコンテンツを自動で出し分けることができるため、予めデバイス別のメールコンテンツを登録しておけば、予約操作は1回のオペレーションで、メールを配信することができます。さらに、予約操作が1回で済むことにより、操作担当者の運用負荷も軽減できます。


効果測定や配信結果も送信デバイス別、メール種別ごとに確認できる

メール配信後の結果や効果測定結果(開封・クリック・コンバージョン)は、送信デバイス別・メール種別別(HTMLメール・テキストメールなど)の効果を可視化するレポート画面で確認することができます。

そのため、"スマートフォン向けのメール配信が効果が高い"など、送信デバイス別の効果もすぐに確認することができます。


デバイス別自動配信

デバイス別自動配信

ページの先頭へ